2015年06月18日

ダブルガーゼの端処理と洗濯耐久度について

ダブルガーゼは手触りが良くてふわふわ。
赤ちゃんグッズはもちろん、大人が使っても気持ちの良い素材。

でも「ダブルガーゼ=縫いにくい!生地の端がほつれやすい!」という一面もある、なかなかやっかいな素材…。

ダブルガーゼを家庭用ミシンで縫うときの端処理は何が良いのか?洗濯に強いのはどれか?ということで、実際のダブルガーゼ服と共に検証してみました。

※あくまでも管理人うろこの個人的雑感です※

ベビースモッグ1.jpg
検証材料1→ダブルガーゼで作ったパフ袖スモックブラウスと半ズボン

パフ袖チュニック1.jpg
検証材料2→パフスリーブのチュニック

1.ジグザグ縫い
縫い方-端処理ジグザグ3.jpg
※ダブルガーゼ2枚を縫い合わせています
生地端処理の定番中の定番、ジグザグ縫い。
ロックミシンを持っていない場合はこのジグザグ縫いがメイン処理になることが多いでしょう。
洋裁本やパターンの指示でもよく登場します。

この画像のように生地の端っこではなく中央を縫う場合は、何の問題も無くサクサクとジグザグ縫いが出来るのですが…

縫い方-端処理ジグザグ4.jpg
いざ生地端にあわせて縫うと、結構ガタガタになってしまうこともしばしば…。
ローンやスケアみたいな薄手の生地だと「生地端が丸まってしまう」という結果になるところが、ダブルガーゼは生地の織り方が荒いので「生地端に食い込んでしまう」なんてことに。
私の技術の未熟さもありますが、生地の特性上ある程度仕方の無いことかもしれません。

個人的なやり方として、生地端より少し内側をジグザグ縫いして、後から余分な縫い代を切り落とすのも有効かと思います。

さて洗濯してみましょう。
縫い方-端処理ジグザグ2.jpg
※家庭用洗濯機でネットにも入れずにそのままガシガシと10回以上洗った状態

ジグザグのあたりから糸が何本かゆらゆらと飛び出ています。
見た目はそんなに良くはないですが、少なくとも出来上がり線の縫い目までほつれてきて大変!という事にはなりません。
ダブルガーゼを構成する糸自体がそもそも柔らかめなせいか、少しくらい糸が飛び出ていても着心地は問題無いそうです(娘談)

縫い方-端処理ジグザグ1.jpg
こちらはダブルガーゼを3枚ジグザグ処理した部分。
3枚で生地自体に厚みが出るせいかかなりしっかり止まっており、余計な糸も飛び出ていません。

結論
「しっかり生地を縫い止めてさえいれば、見た目は少し悪くても洗濯には意外と強いジグザグ縫い」

2.3点ジグザグ縫い
縫い方-端処理3点ジグザグ1.jpg
ミシンの機種によっては備わっている「3点ジグザグ縫い」。
ジグザグを点々と縫っていくので縫い方自体の強度は普通のジグザグ縫いより上。
でもその分生地に何カ所も針穴が空くことになるので、ダブルガーゼとの相性は多少疑問が残ります。
1辺を3回縫わなければいけないせいか、縫い目自体も大きくなりがちです。

3.裁ち目かがり
縫い方-端処理裁ち目かがり2.jpg
これもミシンの機種によってあったりなかったりの縫い方です。
専用の「押さえ」を使って縫う裁ち目かがり縫い。

この専用押さえが生地端をガタガタにすることなく、スッキリと縫い上げてくれます。
縫い目の右側をジグザグで押さえつつ、左側を強固な縫い目でまっすぐ縫っていきます。
個人的には一番使いやすい縫い方です。

さて洗濯してみましょう。
縫い方-端処理裁ち目かがり1.jpg
※家庭用洗濯機でネットにも入れずにそのままガシガシと10回以上洗った状態
特にほつれてくる様子もなく、しっかりと縫い止まっています。
ミシンにもしこの機能が付いていれば、ぜひオススメしたい縫い方です。

4.三つ折り
縫い方-端処理三つ折り1.jpg
これも生地端処理としては定番。
生地を三つ折りにして最後に直線縫い。
きちんと折って、きちんと縫いさえすれば、まず滅多なことでは洗濯でほつれることはないやり方です。

三つ折り縫いを綺麗に縫うコツは「最初にしっかりアイロンをあてる」ことだと思うのですが、いかんせんダブルガーゼという生地はアイロンをあてるとすぐに曲がったりよれよれになってしまったり…。

アイロン定規を使うなどしてキチッと折り目をつけておくのをおすすめします。


5.別布を使ってくるむ(パイピング)
縫い方-端処理パイピング.jpg
本体の生地端はそのまま何もせず、別布を使ってくるりと包むやり方。
これも見た目はスッキリ、お洗濯にも強いです。
ただちょっとばかし手間がかかります…。

6.袋縫い
縫い方-端処理袋縫い6.jpg
表・裏両方から縫うことにより生地端を縫い代の中に隠してしまう袋縫い。
見た目は一番すっきりしているかもしれません。

縫い方-端処理袋縫い2.jpg
生地を外表に合わせ、出来上がり線より外側を縫う。

縫い方-端処理袋縫い3.jpg
縫い代をアイロンで割る。

縫い方-端処理袋縫い4.jpg
裏側にひっくり返す。

縫い方-端処理袋縫い5.jpg
実際の出来上がり線を縫う。
これで完成です。

では洗濯してみましょう。
縫い方-端処理袋縫い1.jpg
※家庭用洗濯機でネットにも入れずにそのままガシガシと10回以上洗った状態
ほつれてくる様子もなく、見た目も美しい状態を保っています。
少し手間はかかりますがやるだけの価値はある縫い方です。

ただしこの袋縫いは、カーブのキツイ部分には向いてないのが唯一の難点です。
直線〜ゆるやかなカーブの部分にはおすすめのやり方です。

このほかにも織り伏せ縫いや布用のピケでほつれ止めする…など、やり方は色々です。

折り伏せ縫い・袋縫いの縫い方はこちらも参考にして下さい。

ダブルガーゼの簡単布団カバーの作り方
ダブルガーゼの簡単布団カバーの作り方(スナップタイプ)


自分の技術レベル、かけられる手間暇と相談しながら、色々なダブルガーゼの端処理を試してみると面白いかもしれません。

私が使用している家庭用ミシン。

ブラザーのCPS52シリーズです。
ミシン初心者でも買った当初から扱いやすく、「子供の為にハンドメイドしたい!」という目的には充分な機能が揃っています。
今回紹介した3点ジグザグ縫い、裁ち目かがり縫いが出来ます。

無地のダブルガーゼはこちらで買うことが多いです。

私の好きなパステル系の微妙な色合いが30色近く揃っていて、1m500円以下はかなりありがたいお値段。
水通し後の柔らかさもなかなかのものです♪

柄物のダブルガーゼはこの店が豊富。


Fabric House Iseki
ダブルガーゼカテゴリーだけで200以上のお品が揃っています。
ジャンルも赤ちゃん柄・ポップ柄・北欧柄・作家物と色々。
商品毎の期間限定セールもよくやっているので、一度覗いてみる価値ありの大手店舗さんです。
見てるだけでも楽しいです。

ダブルガーゼチュニック蛙ドロップ3.jpg
↑こちらもダブルガーゼで作った姉妹お揃いチュニック。

端処理についても触れているのでよければ参考にしてみて下さい♪

ダブルガーゼは特にほつれやすい生地なので、私も端処理にはいつも悩まされます。

でもその分風合いや手触りは他の生地には無い魅力がいっぱい。
なのでついついダブルガーゼを買ってしまうのです。

縫い代の処理や洗濯の際の扱いは色々気になるところではありますが、フォーマル用の繊細な生地と違ってガンガン使ってガシガシ洗って、繰り返し使えるのもダブルガーゼの魅力だと個人的には思っています。

だからこそ赤ちゃんグッズや子供服に向いている訳ですしね(´∀`)

販売用に…というのなら話は別ですが、他でも無い我が子の為にハンドメイドするのなら、あまり神経質にならずにまずは一枚…ダブルガーゼで小物でも洋服でも作ってみるのがいいんじゃないかな〜と思います。


その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方や型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 13:52| Comment(2) | 縫い方や処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

【無地Tシャツアレンジ】布で作るリボンと裾フリル

市販の無地のTシャツを自分好みにカスタマイズ。
今回はリボンと裾フリルアレンジをやってみました。

無地Tリボンと裾フリル1.jpg

まずは布を使ってリボンを作ります。
リボン黄緑1.jpg
・10cm×10cmの布1枚

リボン黄緑2.jpg
中表にして半分に折る。

リボン黄緑3.jpg
5mmの位置を縫う。

リボン黄緑4.jpg
縫い代をアイロンで割る。

リボン黄緑5.jpg
片側を5mmの位置で縫う。

リボン黄緑6.jpgリボン黄緑7.jpg
ひっくり返したら、縫っていない側を5mm程度内側に折り込む。

リボン黄緑8.jpgリボン黄緑9.jpg
2mmくらいの位置を縫う。
(手縫いでかがり縫いしても良い)

リボン黄緑10.jpgリボン黄緑11.jpg
リボンの中央の布を作る。
5cm×3cmの布を両側から折りアイロンをかける。

リボン黄緑12.jpg
リボン本体を指でつまみ、3つの山を作る。

リボン黄緑13.jpgリボン黄緑14.jpg
くるくると本体に巻き付け、端は1cm程度折り込む。

リボン黄緑15.jpgリボン黄緑16.jpg
手縫いで縫い止める。
リボンの完成。

リボン黄緑17.jpg
Tシャツの胸元に置き、中央の布のギリギリ外側を縫う。
(ミシンでも手縫いでもお好みで)

無地Tリボンと裾フリル2.jpg
色違いのリボンを作り、全部で3つ付けました。

無地Tリボンと裾フリル3.jpg
裾用のフリルを作る。

5cm×(Tシャツの横幅+2cm)の布を用意。
片側はジグザグもしくは裁ち目かがり縫いで端処理をする。
もう片側は3つ折りにしてステッチをかける。

無地Tリボンと裾フリル5.jpg
ギャザーを寄せてフリルを作ったら、1cm折り込んで5mmの位置を縫う。

無地Tリボンと裾フリル4.jpg
リボンとフリルアレンジTシャツの完成です。

何てことの無いアレンジですが、3色のリボンが可愛らしい雰囲気になりました。
パーツを作って縫い付けるだけなので簡単です。
ちなみにこのリボンの作り方は使用布が少なくとても軽〜い仕上がりです。
あまりにも生地が薄い場合にはオススメしません^^;
倍量の布で作るリボンもまたそのうち記事にしてみようかと思います。

なお我が家は保育園用Tシャツは洗濯機でガシガシ洗うのでリボンはミシンで縫い付けましたが、手縫いでももちろん良いと思います。
今回ミシン針はニット用、糸は普通地用を使用しました。

今回使用した生地など↓

デコレクションズの「大きめサイズのハギレセット」より。
どれもオシャレで綺麗な色柄のハギレが入ったセット。
無地Tシャツとの相性もバッチリ♪

無地のTシャツはこちら。

1枚500円そこそこのお品ですが、生地も作りもかなりしっかりしています。
色も豊富なので、無地のTシャツが欲しいときにはよく利用しています。

それにしても娘達の保育園用のTシャツ、すぐ汚してくるし、すぐサイズアウトするし('A`)
何枚あっても足りない…。
アレンジをあれこれ考えるのは楽しいので、これからもちょこちょこやってみたいと思います。

その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 02:58| Comment(0) | 無地Tシャツアレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

ダブルガーゼでコップ袋を作ってみた(切り替えあり、裏地あり、折りマチあり)

保育園や幼稚園での必須アイテムの一つ「コップ袋」。

コップ袋1.jpg

上の娘が使っている市販の物が何だかとても傷んできたので、新しく自作してみることにしました。

いわゆる巾着袋なので、シーチングかオックスあたりで可愛い生地を探そうかな〜と思っていたところ「妹ちゃんのスタイとおそろいの布がいい!」とのリクエスト。

少し前に次女用にスタイを何点か作っていたのですが、その中の一つと同じ生地を使って欲しいとの事でした。

…と言うことは…ダブルガーゼか…。

うーむ、そのままだとちょっと強度に欠ける気がする…。
裏地付けた方がいいよねきっと。

…そんな訳で、今回ダブルガーゼで裏地付きのコップ袋を作ってみることにしました。

マチは「折りマチ」タイプで。

問題の次女のスタイは途中で布を切り替えてあるので、巾着も同じ仕様でやってみることにします。

【出来上がり寸法】
コップ袋26.jpg
15cm×15cm
マチは8cm

【作り方】
コップ袋2.jpg
ダブルガーゼの生地を3種類用意。

・表地1(上側の布/水玉)12cm×17cmを2枚
・表地2(底布/くま)26cm×17cm
・裏地(ストライプ)42cm×17cm

コップ袋3.jpg
表地1と表地2を縫い代1cmで縫い合わせる。
縫い代はアイロンで割っておく。

コップ袋4.jpg
表地、裏地それぞれの両端をアイロンで折る。
・表地…3cm(折った状態で40cm×17cm)
・裏地…1.5cm(折った状態で39cm×17cm)
※裏地の方が少し短くなる

コップ袋5.jpg
表地と裏地の中心をあわせて外表に重ねる。

コップ袋6.jpg
中心で半分に折る。

コップ袋7.jpg
この時切り替え部分がきちんと合っているかどうか確認しておく。

コップ袋8.jpg
裏地を4cm(マチ8cmの半分の長さ)で折り返す。
※反対側も折る

コップ袋9.jpg
横から見るとこんな感じ。

コップ袋10.jpg
先ほど折った両端の折り目部分を一旦開いてフラットにし、紐通し部分を2cmあけて両端を縫う。

コップ袋11.jpg
コップ袋12.jpg
マチの重なった部分を、縫い目ギリギリの部分で斜めに切り落とす。

コップ袋13.jpg
縫い代をアイロンで割っておく。

コップ袋14.jpg
コップ袋15.jpg
両側の紐通し口の部分を「コの字型」に縫う。
(あき止まりより少し外側)

コップ袋16.jpg
表地をくるりとひっくり返し、裏地と重ねる。

コップ袋17.jpg
表地より裏地が5mm内側に控えめになるようにまち針で止め、表地と裏地を縫い合わせる。

コップ袋18.jpg
紐を通す部分を縫う。
(先ほどの縫い目から2cmの位置)

コップ袋19.jpg
袋部分が完成しました。

コップ袋20.jpg
内側はこんな感じ。

コップ袋21.jpg
安全ピンを使って紐を通す。(両側)
※紐の長さ…54cm×2本

コップ袋22.jpg
紐を通したら先端を二本一緒に結ぶ。

コップ袋23.jpg
コップ袋の完成です。

コップ袋24.jpg
コップを入れるとこんな感じ。1個がすっぽり入るジャストサイズです。

コップ袋25.jpg
口を縛るとこんな感じ。
ダブルガーゼで柔らかい生地なのであまり力を入れなくても縛ることができ、幼児の手にも扱いやすいようです。
手触りもふわふわで気持ちいい♪

【ダブルガーゼで巾着を作る事について】
やはりシーチングやオックスに比べると布が頼りない感じなので、同じダブルガーゼで裏地をつけてようやく強度的に安心できる物になりました。

裏地はダブルガーゼじゃ無くても、スケアやローンでもいいと思います。
ただ何かしら裏地はあった方がいいと感じました。

そうでなくてもダブルガーゼって、生地端処理をきちんとしないとどんどんほつれてきます。
今回も縫ってる側から生地端がほつれてきてドキドキしました(苦笑)

裏地を付けないとなると、巾着の内側で見えてしまう生地端をジグザグ処理するか袋縫いするか…。
好みの問題ですが、私はいっそ裏地をつけて生地端を隠してしまう方が綺麗に仕上がるかなと感じました。

【今回使用した生地など】


【ダブルガーゼ/カラフルドット】
少しベージュがかった地色にカラフルな水玉が入って、すごく優しい雰囲気です。
私の一番好きな「白系地色×カラフル柄」タイプの生地です。


【ダブルガーゼ/ストライプ】
淡いピンクとパープルの組み合わせ。結構太めのストライプです。
主張しすぎない雰囲気なので裏地に良い感じでした。


◇ダブルガーゼ購入のおすすめのお店◇

私は無地のダブルガーゼはこちらで買うことが多いです。

私の好きなパステル系の微妙な色合いが30色近く揃っていて、1m500円以下はかなりありがたいお値段。
水通し後の柔らかさもなかなかのものです♪

柄物のダブルガーゼはこの店が豊富。

Fabric House Iseki
ダブルガーゼカテゴリーだけで200以上のお品が揃っています。
ジャンルも赤ちゃん柄・ポップ柄・北欧柄・作家物と色々。
商品毎の期間限定セールもよくやっているので、一度覗いてみる価値ありの大手店舗さんです。
見てるだけでも楽しいです。

ちなみに紐は今回100均のseriaで購入しました。
2mで108円。
この紐は安いだけあって紐の中心がほぼ空洞…(苦笑)
でも色目は可愛いです。
中が空洞な分とても軽くて、ダブルガーゼとの相性は意外と良さげ。
原色じゃない、パステルカラーの紐が欲しかったので良しとします。


それにしてもコップ袋なんてそんなに傷まないと思っていたら、園では結構日の当たるところに吊り下げてあるせいか最初に使ってた巾着は一年間でバッチリ色焼けしてしまいました…(泣)

また一年後に新しいコップ袋を作り直すことも視野に入れておかないといけませんね…(^^;

入園入学に欠かせないコップ袋。
是非作ってみて下さいませ(´∀`)

その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 01:53| Comment(7) | 巾着・袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする