2016年03月30日

布リボンで作るフォーマル向けヘアゴムの作り方

フォーマルリボン16.jpg

長女が通う保育園、先日卒園式がありました。

うちの保育園の慣習で、3歳児・4歳児クラスの園児は在園児として出席しなければならないので、長女も一応フォーマルな格好をさせて出席させました。

服は白黒系のそれなりなワンピースとボレロで良かったのですが、困ったのはヘアゴム…。

式の前日になって急に「やっぱりリボンつけたい!(*´▽`)」と言い出した娘。

ところがどっこい、手持ちのヘアゴムリボンは全部色柄ものばかり!
唯一持っていたフォーマルっぽいのは、結婚式用に買った物でピンクの華やか系…。

これではちょっと…という訳で、急遽卒園式でも浮かないようなフォーマル向けのヘアゴムリボンを作ってみました。

それでは材料および作り方です。

フォーマルリボン2.jpg

【出来上がり寸法】
8cm×5cm

【材料】
・リボン本体用布…16cm×7cm
・リボン中央用布…6cm×3.5cm
・本体用サテンリボン(1.8cm幅)…16cm
・中央布用サテンリボン(1.8cm幅)…6cm
・モチーフレース…16cm
・キルト綿…16cm×5cmくらい
・ヘアゴム…20〜22cm程度

※<仮止め用>布用ペンタイプのり


今回はこの↑仮止め用ののりを多用しました。
サテンリボンのようにあまりまち針を打ちたくない物や、モチーフレースのようなまち針が止めにくい物、アイロンで折り目が付きにくい物を仮止めするのに本当に便利な1品です。

これがあると無いとでは作業効率が格段に違うと、個人的には感じています。
おすすめです。

フォーマルリボン3.jpg
リボン本体用の布の中央にサテンリボンを重ねて仮止めし、リボンの両端を縫う。

フォーマルリボン4.jpg
サテンリボンの上にモチーフレースを重ねて仮止めし、レースの中央を縫う。

フォーマルリボン5.jpg
本体布の両端を4cmずつ折る。

フォーマルリボン6.jpg
本体布の上下を、7〜8mmのラインで縫う。

フォーマルリボン7.jpg
ひっくり返す。(目打ちなどを使って角を直角に出すと仕上がりが綺麗)

フォーマルリボン8.jpg
キルト綿を半分にちぎり、本体の両端に寄せて綿を詰める。(中央部分に綿は入れない)

フォーマルリボン9.jpg
中央布用のサテンリボンを半分に折り、仮止めする。

フォーマルリボン10.jpg
中央用の布の両側を7〜8mmで折り、サテンリボンを重ねて仮止めしてから両端を縫う。

フォーマルリボン11.jpg
ヘアゴムを真結び(固結び)する。

フォーマルリボン12.jpg
しっかり結んだら余分なゴムを切り落とす。

フォーマルリボン13.jpg
本体布の裏側を上に向け指で凹を2つ作り、片方の凹にはヘアゴム、もう片方の凹には中央布の端をそれぞれ挟み込む。

フォーマルリボン14.jpg
中央布をぐるりと巻き付ける。

フォーマルリボン15.jpg
中央布が合わさった部分をコの字縫いなどでかがる。

フォーマルリボン1.jpg
フォーマルなヘアゴムリボンの完成です。

フォーマルリボン17.jpg
実際に付けたサイズ感はこんな感じ。

ふっくらしていて、結構なボリュームと存在感があります。


今回はフォーマル用ということで、本体布もリボンもレースも全て「白」で統一しました。

質感の違う3種類の素材が組み合わさることで、華やかさが出るデザインです。

私が本体に使った白布は「綿ローン」です。
織り目が細かく薄地なので、フォーマル向けな印象です。

綿ローンの白無地に限っては、いつもこのお店で買っています。
(楽天でもトップクラスにお値打ちなので…)

白の生地であれば別にローンじゃなくても何でも構わないのですが、フォーマル向けというのなら目の粗いダブルガーゼやリネン、生地が分厚いオックスなどは避けた方が無難かなと思います。

サテンリボンは好みの幅のものでOKです。
デザイン上、モチーフレースよりは幅の広いものをおすすめします。

ちなみにモチーフレースは100均のseriaで買った物です。
確か50〜60cmで108円。

seriaに行くとついつい手芸コーナーに行って、レースとかボタンみたいな副資材を買ってしまうんですよね…。
結構可愛いのが多いのでseriaのハンドメイド資材は侮れません。

ただ繊細な作りって訳では無いので、使う前にははみ出た糸をハサミで切ってから使う方が良いです。

ヘアゴムは今回自分で結ぶタイプの物を使いましたが、最初から丸くなっているゴムがあればその方が仕上がりは断然綺麗ですよ〜。
子供向けなのであまり太いゴムではなく、やや細めの物がおすすめです。


フォーマル系のリボンって、買うと意外と高くて1個600円とかするので、自作するのも悪くないと思います。

卒園卒業式にはもちろん入園入学式や、色目を少し変えて結婚式なんかにも流用できるかも。

ハレの日に手作りアクセサリーで臨むのも悪くないですね(´∀`)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
↑宜しければポチッとクリックをお願いします。


posted by うろこ at 06:03| Comment(0) | リボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

ダブルガーゼで小鳥のパフ袖ブラウス

3月も中旬になるとすっかり春めいてきて、軽やかな素材の洋服が似合う季節になってきました。

ローンでもシャーティングでも良いのですが、ここはやはりダブルガーゼを使いたい…という事で、有輪さんのダブルガーゼを使って、パフスリーブの裾しぼりチュニックブラウスを作ってみました。

ダブルガーゼブラウス小鳥1.jpg
【ダブルガーゼで作る子供服シリーズ】
小鳥モチーフのパフ袖ブラウス(型紙:オリジナル)

この生地を使って洋服を作るのには少し訳がありまして…。

実は少し前にこちらのお店で


「YUWAダブルガーゼ詰合せ(700g入)」という、いわゆる生地の福袋的な物を手に入れたのですが、その中にこの小鳥柄のダブルガーゼは入っていました。

このダブルガーゼ自体は有輪商店の物なのでとても質は良かったのですが、いかんせん子供服に使うにはすごく大人しい…いやハッキリ言ってしまうと地味

ピンクとフリルとキラキラとプリキュアとプリンセスが大好きなうちの長女。
あっさりしたデザインの服に仕立てたところで着てくれないかもしれない…。

じゃあどうにかして「可愛い度」をアップさせるしか無い!

…ということで。

・袖はふんわりパフスリーブに
・控えめな小鳥柄からピックアップして、大きめの小鳥モチーフを作ってプラス
・えり元と見返し部分は上品な花柄を取り入れて
・胸元のリボンで清楚さと可愛さを演出

などと一人でブツブツ営業トークを考えながら(苦笑)デザインを練ってみました。

ダブルガーゼブラウス小鳥2.jpg
胸元は白のグログランリボン。

衿と見返し部分、それと小鳥モチーフの羽部分に使ったのは、こちらのお店で買った


このはぎれセット(フラワー)の中に入っていた生地を組み合わせてみました。

ここの生地屋さんのは好きな雰囲気の物が多いのですが、特にこのセットのフラワーver.は私好みの柄が多く入っていて素敵♪

この値段でこの枚数なら…と試し買いしてみましたが、個人的にはかなりヒットしました。

ダブルガーゼブラウス小鳥3.jpg
この小鳥モチーフは、体部分は白のダブルガーゼとローンを縫い合わせて作り、花柄の布で羽とくちばしを付けました。

小鳥の目は、ちょうど良い大きさのボタンが手持ちにあったのでそれを使いました。

脇に同じ花柄生地でタグを付け、最後に裾にゴムを入れて全体的にふんわり〜っとしたデザインに(´∀`)


敢えてフリルやレースは入れず、生地の小鳥さんを尊重しつつ、思い付く限りのナチュラル系可愛さを詰め込んでみました。

さあ娘の反応はいかに?


( *‘∀‘ )ノ「あっ何コレ可愛い!小鳥さんついてる!」

いよっしゃぁぁぁぁっ!!(母、心の叫び)

ダブルガーゼブラウス小鳥4.jpg

ゆる〜っとした着姿です。
ボタンタイプではなくゴムのかぶりタイプなので、脱ぎ着も楽々。
保育園にも堂々と着ていけるデザインです(←これ重要!)

でもゴムなのは両側の肩の部分のみ。
襟ぐりが1周ぐるっと全部ゴムのタイプの物に比べると、胸元が別布でかちっとしている分ややフォーマル気味(?)な感じに仕上がったかなと、個人的には満足の1枚となりました♪


でもまだ同じ生地残ってるんだよね…次女用にお揃いのをもう1枚作るか、また別のデザインを1から考えるか…。

生地の使い道を考えるのは、悩ましくも楽しい時間です(´ー`)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
↑宜しければポチッとクリックをお願いします。

posted by うろこ at 12:49| Comment(0) | 洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

ダブルガーゼの水通しをしないとどうなるのか実験してみた。

ダブルガーゼの水通し1.jpg
ハンドメイドをするために生地を手に入れたらまず最初にするべきと言われる事…。

そう、それは「水通し」。

【水通しとは?】
綿や麻の素材は水に浸けると「縮む」という性質がある為、縫い上がった後に洗濯する(=水に浸す)と縫い上がりのサイズより小さくなってしまう事があります。

なので生地を裁断する前に水に浸してしまい、先に生地を縮ませておいてから改めて裁断縫製にとりかかれば、その後出来上がった作品を洗濯してもそれほど縮まないよ〜という、いわば「予防法」です。
(この他にも生地の色落ち/色移りを防ぐ、生地の布目を直すという効果もあります)

中でも特に麻(リネン)に関しては非常に縮みやすい為、水通しが推奨されています。

では綿素材に関してはどうなんでしょうか。

綿と言っても様々ですが、「縮みやすい生地」と言えばまずトップに躍り出るのは「ダブルガーゼ」かと思います。

でも実際の所、水通しをするとしないとではどれほどの差が出るものなんでしょう?

着用・使用に支障が出るほどの差があるの?
水通ししなかったら生地自体がしわくちゃになってしまうものなの?


…と言う訳で、気になったら実験&検証♪
実際に水通しをした生地・しなかった生地を用意して検証してみました。

※あくまでも管理人うろこの個人的雑感です※

ダブルガーゼの水通し2.jpg
検証材料その1→ダブルガーゼで作ったリバーシブルのハンカチ

出来上がりサイズは両方とも14cm×14cmですが、片方は水通しする前の生地で作成し、もう片方は同じ生地を水通しした後で作成しました。

分かりやすくする為に、糸の色を変えてあります。
ピンクの糸の方が「1.水通しをしない生地で作ったハンカチ」、水色の糸の方が「2.水通し後の生地で作ったハンカチ」です。

ダブルガーゼの水通し3.jpg

では洗濯してみましょう。
※家庭用洗濯機でネットに入れずそのまま洗濯→脱水→天日干し


さてさて、気になる結果はこちら!

ダブルガーゼの水通し4.jpg
…………うーん……。
見た目は正直ほとんど差が無いように見えます。

では重ねてみましょう。

ダブルガーゼの水通し5.jpg
お、矢印の部分に若干の差が見られます。

アップで見てみると…
ダブルガーゼの水通し6.jpg
ちょっと分かりにくいのですが、水通しせずに作ったハンカチの方が、縦横共に数mm程度小さくなっています。

洗濯後のサイズをそれぞれ計ってみました。

@水通しせずに作ったダブルガーゼのハンカチ
洗濯後サイズ 13.6cm四方

A水通し後に作ったダブルガーゼのハンカチ
洗濯後サイズ 14cm(洗濯前とほぼ変わらず)

その差は「4mm」、元の14cm四方サイズからみると約3〜4%の縮小率となりました。


いかがでしょうか?

確かに水通しした方が、しなかった物よりも縮み具合は少ないという結果となりました。
ただビックリするぐらい縮んでしまったかと言えば、正直それほどでもないかな?という印象ではあります。

ガーゼハンカチなどは少しぐらい縮んでも使用に差し障りが無いのが実状ですしね。


さて、そこでもう一つの実験です。

ダブルガーゼの水通し7.jpg
検証材料その2→ダブルガーゼのスタイ(リバーシブル/キルト芯入り)

このスタイも表地・裏地とも水通しをしていない生地で作成しました。
出来上がりサイズは首下の縦幅14cm、横幅22cm、首周り約27cm(10cm×8.8cm)です。

ダブルガーゼの水通し10.jpgダブルガーゼの水通し11.jpgダブルガーゼの水通し8.jpgダブルガーゼの水通し9.jpg
ダブルガーゼの水通し16.jpg

さて洗濯してみましょう。
※家庭用洗濯機でネットに入れずそのまま洗濯→脱水→天日干し

結果は…こんな感じ。

ダブルガーゼの水通し15.jpgダブルガーゼの水通し14.jpgダブルガーゼの水通し12.jpgダブルガーゼの水通し13.jpgダブルガーゼの水通し17.jpg

お分かりでしょうか?

洗濯するとやはり全体的に5mm程度縮んでおり、また首周りがきゅっと内側に縮んでいます。

洗濯後の首周りは約26cmで、元のサイズに比べると1cm程度小さくなっています。

ここで問題なのが、これが赤ちゃんの首につける物だと言うことです。
たった1cm小さくなっただけですが、首周りがちょっと窮屈なことになってしまいました。

元々が首周りに余裕のあるサイズで作成したのなら問題は無いのですが、型紙段階でジャストサイズを狙って作った場合、この縮み具合はちょっと問題ありな感じです。



そんな訳で。


ダブルガーゼは水通ししなくても致命的なことにはならないが、首周りなどジャストサイズで作る物に関しては水通ししておいた方が無難かも!


…という結論となりました。

とりあえず、

・スタイなどの首周りが絡む物
・抱っこ紐よだれカバーなど何かに巻き付けてボタンで止める物

あたりのお品は、水通ししてから作った方が良さそうな感じでしょうか。

これがもっとサイズが大きい物…例えばダブルガーゼで作ったカボチャパンツやゆったりチュニック、ガーゼケットやパジャマなんかだと、水通ししなくても案外平気なのかもしれませんね。

あと、水通ししないと初めて洗濯した時にしわくちゃになるのか?という点についてですが、ごく普通に洗濯しただけではそれほどシワシワにはなりませんでした。

今回検証に使ったハンカチとスタイも、写真をご覧頂いた通りそんなにシワは目立ちません。
長時間水に浸けたりしなければ、充分使用に耐えうるかなと思います。

た だ し!

洗濯機の乾燥機能で乾かすと、恐ろしいくらいシワッシワのよれよれ状態に仕上がりますのでご注意下さい!

…とまあ色々書き綴ってきましたが、これは管理人うろこの「超」個人的見解です。

洋裁をする上で「水通し」を最初にすることはやはり常識とされていますし、その中でも特にダブルガーゼを扱う際には水通しが推奨されているのが現状です。

今回の実験はあくまでも「ダブルガーゼの水通しをしないとどうなるのか見てみたい」というだけの内容です。

その中でも特に「生地の縮み具合」についての実験ですので、色落ち予防布目を正す効果についてはまた別の話になってきます。

決して「水通ししなくても平気ですよ」とオススメしている訳ではありませんのでご注意下さい。

今回使用した生地ではたまたま縮小率は3%〜4%で済みましたが、ダブルガーゼと言ってもメーカーによっても違いがありますし、1mあたり500円のダブルガーゼと1mあたり1500円のダブルガーゼではまた違った結果にもなるでしょう。

あとダブル(二重)ガーゼではなく、4重ガーゼや6重ガーゼになってくると、また違った縮小率になるようです。
(重なる枚数が多いほど、縮み具合も大きいようですね)

ですので水通しをする・しないの判断は、どうぞご自身の責任において判断して下さいね♪

ダブルガーゼの水通し18.jpg

【今回使用した生地など】

リボンなのか蝶なのか。


ナチュラルにシンプルに。


キャンディみたいな丸・マル・まる。

今回の実験に使ったダブルガーゼスタイの作り方はこちら

バナー:ベビースタイ.jpg
ダブルガーゼのベビースタイの作り方【無料型紙あり】


それにしてもダブルガーゼって扱いがまあまあややこしいワガママ気質な生地ですよね〜。
でも!色柄手触りの良さは個人的にピカイチだと思っています。
むしろダブルガーゼが好き過ぎて、ダブルガーゼばっかり買い求めてしまって布山が大変なことになっているうろこです。
でも可愛い柄は見ていたらつい欲しくなってしまうのです。ウフフ…(´∀`)

娘達が母のハンドメイド品を喜んで使ってくれる内に消費しなければなりませんね。
頑張ろう〜。

【ダブルガーゼを買うのにオススメの店は?】
私は無地のダブルガーゼはこちらで買うことが多いです。

私の好きなパステル系の微妙な色合いが30色近く揃っていて、1m500円以下はかなりありがたいお値段。
水通し後の柔らかさもなかなかのものです♪

柄物のダブルガーゼはこの店が豊富。

Fabric House Iseki
ダブルガーゼカテゴリーだけで200以上のお品が揃っています。
ジャンルも赤ちゃん柄・ポップ柄・北欧柄・作家物と色々。
商品毎の期間限定セールもよくやっているので、一度覗いてみる価値ありの大手店舗さんです。
見てるだけでも楽しいです。


ダブルガーゼは「縫いにくい!縮みやすい!シワになり易い!ほつれやすい!!」と、色々ワガママ気質な生地ではありますが、その手触りと柄の可愛さはやはり何者にも代えがたい物です。

皆様にもお気に入りのダブルガーゼが見つかりますように(´∀`)♪

その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方や型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 01:55| Comment(12) | 縫い方や処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする