2016年07月04日

【手順画像あり】エルゴ立体フードカバーの作り方【無料型紙あり】

エルゴフードカバー1.jpg

赤ちゃん育児の必須アイテム、抱っこ紐。

お出かけに、家事の最中に、寝かしつけに…と大活躍の抱っこ紐を、自分好みにカスタムするのにぴったりなのが「フードカバー」の自作です。

抱っこ紐の中でも特に幅広いシェアを誇る「エルゴ」の抱っこ紐に付いているスリーピングフード。
これは眠ってしまった赤ちゃんの首がカックンとなってしまうのを防いでくれる物ですが、寝汗やよだれがついてしまったりで意外と汚れてしまうのにもかかわらず、洗濯することが難しい部分でもあります。

そんなスリーピングフードの上からすっぽりとかぶせてしまうのが「フードカバー」です。

汚れたらサッと取り外して洗える上に、お気に入りの生地で作れば他の人と被りがちなエルゴをオリジナリティ溢れる一品にカスタム可能なアイテムです。

今回は元からついているスリーピングフードの形に合わせて立体的に作るエルゴフードカバーの作り方を、無料型紙付きでご紹介します。

それでは材料および作り方です。

【出来上がり寸法】
縦約35cm×横約26cm(ゴムを通した後のサイズ)

【材料】
・ダブルガーゼ…45cm×22cm(表地用)2枚
・ダブルガーゼ…45cm×22cm(裏地用)2枚
・平ゴム(5mm幅)…60cm以上
 ※実際使用するのは22cm×2=44cmだが、作業効率上60cm以上ある方が好ましい
・綿テープ(2cm幅)…40cm×2本
 (もしくは4cm×40cmの薄手の布を2枚)

エルゴフードカバー2.jpg
型紙1と2を印刷し、生地のカット線で切り抜く。

エルゴフードカバー3.jpg
のりしろで貼り合わせる。

エルゴフードカバー4.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。



安心の広さと包容力抜群のタフガイ。




押さえた生地は決して逃がさない。



我が家の三種の神器。
作業効率が格段にアップします(´∀`)
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

エルゴフードカバー5.jpg
表地同士、裏地同士が左右対称になるように裁断する。

エルゴフードカバー6.jpg
型紙を参考に、表地にボタンホールの位置を書き込む。

エルゴフードカバー7.jpg
ボタンホールを作る。

エルゴフードカバー8.jpg
リッパーで穴を開ける。

エルゴフードカバー9.jpg
ボタンホールの完成。
もう1枚の表地にも同様にボタンホールを開ける。

※ボタンホール以外のベルト通し穴を作る方法について※
ボタンホールは「ボタンホール機能付きミシン」を持っている前提の作り方です。

「手縫い派」の方、もしくは「ボタンホール機能がついていないミシン派」の方向けに、ボタンホールの代替案を考えてみました。
↓ ↓ ↓
エルゴフードカバーのボタンホール、手縫いの場合の代替案

もちろん手縫いでもボタンホールは作れますが(手間はかかりますが…)よければ上記記事も参考にしてみて下さい(´∀`)

エルゴフードカバー10.jpg
表地同士を中表に合わせる。

エルゴフードカバー11.jpg
まち針で留め、生地端から7mmの部分を縫う。

エルゴフードカバー12.jpg
縫い代をアイロンで割る。
カーブの部分はアイロンが当てにくいので慎重に…。

エルゴフードカバー13.jpg
割った縫い代を隠すように、綿テープをとめる。

【綿テープとは?】
その名の通り、綿素材のテープ(リボン)のことで、中でも「平織りタイプ」の物はお名前テープ・タグテープ・スタンプテープとして使ったり、簡単な持ち手としても使う事が出来る物です。


1つあると何かと色々な用途に使えて便利なので、私はいつもこの2cm幅のものを常備しています。
お稽古バッグ.jpg
↑お稽古バッグの持ち手に使ったり、名前を書く部分にしたり。
黄色ダブルガーゼかぼちゃパンツ6.jpg
↑内側のタグに使ったり。

5mって案外すぐ無くなるもんです…。

【綿テープを使用しない場合は?】
4cm×40cmの布を用意し(バイアスじゃなく直線裁ちでも大丈夫)、両側をアイロンで折って「2cm×40cm」の状態にして下さい。
この時使う布は出来れば薄手の物が良いです。(綿ローン、スケアなど)

要は表地の中央の縫い代を隠す為の物です。
お好みでどうぞ。

エルゴフードカバー14.jpg
光に透かしてみたところ。
綿テープが縫い代の中央に来ているかどうかを確認する。

エルゴフードカバー15.jpg
綿テープの両端から2〜3mm程度の部分を縫う。

エルゴフードカバー16.jpg
表側から見たところ。
中央の縫い目の両側に、縫い目が2本通る仕上がり。

エルゴフードカバー17.jpg
上部の両端を7mm程度の三つ折りにして縫う。

エルゴフードカバー18.jpg
下部を1cm程度の三つ折りにして縫う。
これで表地の完成。

エルゴフードカバー19.jpg
裏地も同様に縫い合わせる。

エルゴフードカバー20.jpg
上部を袋縫いする。
まず表地と裏地を中表に合わせ、5mm程度の部分を縫う。

エルゴフードカバー21.jpg
縫い代をアイロンで割る。

エルゴフードカバー22.jpg
表側にひっくり返し、アイロンで縫い代を落ち着かせる。
生地端から1cmの部分を縫う。

エルゴフードカバー23.jpg
きちんと袋縫い出来ていれば、裏側に縫い代がはみ出る事が無い。

エルゴフードカバー24.jpg
再度中表に合わせ、生地端から5mm程度の部分を縫う。

エルゴフードカバー25.jpg
この時、上部・下部ともに角がきちんと合わさっているかどうか要チェック。

エルゴフードカバー26.jpg
左右両側を縫ったら、アイロンで縫い代を割る。

エルゴフードカバー27.jpg
表側に返し、アイロンで縫い代を落ち着かせる。
ゴム通し部分を作るため、両端から1cmのラインを縫う。

エルゴフードカバー28.jpg
ゴムを通す。

エルゴフードカバー29.jpg
ゴムの端から22cmの部分に印を付ける。
※この時点でゴムは切らない。

エルゴフードカバー30.jpg
ゴム通しや安全ピンなどを使ってゴムを通す。

エルゴフードカバー31.jpg
端までゴムが通ったらゴム通しからゴムを外し、ゴム端がちょうど生地の内側に隠れるように位置を調整し、縫い止める。
(※ここはガッツリしっかり2往復くらい縫う)

エルゴフードカバー32.jpg
逆側からゴムを引っ張りつつ生地を寄せる。
最初に付けた22cmの印が見えたら生地端とラインを合わせて赤線の部分を縫い、ゴムを切る。
※この時ゴムを引っ張るための持ち手部分が必要なので、ゴムは60cm以上ある方が望ましい。

反対側にも同様にゴムを通す。

エルゴフードカバー33.jpg
エルゴ立体フードカバー、完成です。

【フードカバーの付け方】
エルゴフードカバー34.jpg
まずエルゴ本体のスリーピングフードについているベルトを外す。

エルゴフードカバー35.jpg
上からするするとフードを入れ込む。

エルゴフードカバー36.jpg
上側両端のベルト穴から、ベルトを引っ張り出す。

エルゴフードカバー37.jpg
先ほど外した本体のベルトを、フードカバーのボタンホールに通す。

エルゴフードカバー38.jpg
ベルトを元のように戻し、装着完了。

エルゴフードカバー39.jpg
着用イメージ。
スナップボタンを留めたところ。
赤ちゃんの頭に沿ってふわっと丸くなります。

エルゴフードカバー40.jpg
フードカバーを使用していないときは裏地が見えるのでこんな感じ。

2本のベルトを通してあるのでフードカバーが本体から抜け落ちることはありませんが、ズレが気になる方は適宜スナップボタンなどを追加して付けて下さい。

型紙はこちらになります。

エルゴフードカバー無料型紙.jpg
エルゴフードカバー無料型紙1.pdf
エルゴフードカバー無料型紙2.pdf

PDF形式です。
縮小・拡大無しで、各A4用紙1枚で印刷可能。
Adobe Acrobat Readerをお持ちで無い方は、先に無償ダウンロードしてからご利用下さい。
Adobe Acrobat Reader公式サイト

型紙は縫い代込みです。

【商用利用について】
型紙は個人レベルでの商用利用可です。
どうぞお気軽にご利用下さい♪
もしブログなどお持ちでしたらご紹介下さったりリンクを貼って頂けると嬉しいです(´∀`)♪
型紙シリーズ名→「UROKO*handmade」
※型紙そのものの二次配布・転売・オークション出品はご遠慮下さい。

エルゴフードカバー型紙利用についての注意
1.管理人うろこが持っているエルゴは、長女が0歳の頃(2010年)に買った物です。
現在エルゴはロゴマークも一新され、少しずつ種類も増えてバージョンアップされています。

このエルゴフードカバーは私が持っているエルゴを元に作成したので、エルゴによってはジャストフィットしない恐れもあります。
またエルゴの種類によってはベルトが外れないタイプもあるようです。その場合は装着が出来ません。

2.型紙の「出来上がり線」はおおよその目安です。
作り方手順で縫い代が「5mm/7mm/1cm」と細かく記載してはありますが、あまり神経質にならずに縫って下さい。
また型紙を印刷した際に、無料型紙1に記載してある「18cm」のラインが、実際に紙の上で18cmになっているかどうかだけご確認下さい。

以上2点をご了承の上ご利用下さい。


【作り方と生地について】
エルゴフードカバー41.jpg
今回紹介した作り方では、裏面に綿テープを使ったり袋縫いをしたりと、とにかく縫い代が表面に出てこない作り方となっています。

これは今回見本で作ったフードカバーが「ダブルガーゼ」を使用している事に関係しています。

・フードカバーは赤ちゃんに頭/顔部分に直接触れるアイテムであること
・夏は通気性が良く、冬は保温性もあるので通年使えること
・洗濯したときに乾きが早いので、赤ちゃんグッズには向いていること

…などの理由からダブルガーゼで作りました。

まあもっとも単純に私が生地の中で一番ダブルガーゼが好き、というのもあるのですが…( ・∀・)ウフフ

ダブルガーゼは数ある生地の中でもトップクラスで「ほつれやすい生地」です。
なので極力縫い代がむき出しにならない作り方を考えました。

これがもっと他の生地…オックスやシーチング、スケアやツイルなど、目の詰まった生地ならさほどボロボロにほつれてこないとは思います。

縫い代がむき出しになると言ってもあくまでも内側での話なので、もし「面倒くさい!!ヽ(`Д´)ノ」と感じるなら、生地端をジグザグ処理するだけ…あるいは生地によっては切りっぱなしでもいいんじゃないかと思います。

極端にゴワゴワした分厚い生地でなければ、どんな生地でもフードカバーは作れます。

そこはもうハンドメイドの自由な点だと思いますので、どうぞお好みでアレンジして下さい(´∀`)

あと今回表地と裏地は別の柄で作成していますが、もちろん両面同じ生地でOKです。

ちなみに今回使った生地。


HINODEYAさんはオリジナルダブルガーゼを数多く取り扱っていますが、こちらの小花シリーズはダブルガーゼでも生地がしっかりしていて、「裁断した側からどんどんほつれていく!」という事はありませんでした。
従って縫うのもやりやすい方だと思います。
小花柄でも甘すぎないのが良い感じです。


裏地にはこちらのnina(ニーナ)シリーズの北欧花ダブルガーゼを。
このシリーズも生地感がサラッとしていて、裁断・縫製ともにやりやすいです。
というか単純にこのニーナの北欧柄シリーズの雰囲気が大好きで…。
以前は同じ柄の黄色でエルゴよだれパッドを作りました。
他にも色々利用したいシリーズです。

ダブルガーゼと一口に言っても、柄の雰囲気と扱いやすさはピンキリです。
もし私と同じく「ダブルガーゼで作ってみる!」という方は、色々探してみて下さい(´∀`)

私は無地のダブルガーゼはこちらで買うことが多いです。

私の好きなパステル系の微妙な色合いが30色近く揃っていて、1m500円以下はかなりありがたいお値段。
水通し後の柔らかさもなかなかのものです♪

柄物のダブルガーゼはこの店が豊富。

Fabric House Iseki
ダブルガーゼカテゴリーだけで200以上のお品が揃っています。
ジャンルも赤ちゃん柄・ポップ柄・北欧柄・作家物と色々。
商品毎の期間限定セールもよくやっているので、一度覗いてみる価値ありの大手店舗さんです。
見てるだけでも楽しいです。

【ダブルガーゼの水通しについて】
一応生地を裁断する前には水通しをオススメしています。
が、ダブルガーゼと一口に言っても生地メーカーによっては縮み具合も様々。
水通ししないとどうなるのか?は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ダブルガーゼの水通しをしないとどうなるのか実験してみた。


エルゴフードカバー42.jpg

新生児から2歳ぐらいまで長い期間頻繁にお世話になる抱っこ紐。

毎日使う物ですし、自分好みに色々アレンジ・カスタムするとちょっと育児が楽しくなるかもしれません。

エルゴカスタムセットの残りの3つもよければご覧になって下さい。
バナー:抱っこ紐収納カバー.jpg

バナー:エルゴよだれパッド.jpg

バナー:抱っこ紐スタイ.jpg

その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 15:58| Comment(17) | エルゴ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!
フードカバー部分が汗で汚れてきて気になっていたので、こちらのパターンをお借りしました!
立体的だけど簡単にできあがってとても助かりました。素敵な型紙をありがとうございます。
Posted by mani-mani at 2016年07月09日 13:34
mani-maniさん

はじめまして^^
フードカバー、結構汗汚れが気になりますよね〜型紙がお役に立ったみたいでとても嬉しいです。
またブログの方でもご紹介下さり光栄です(´∀`)
素敵に作り上げて頂いてどうもありがとうございました♪
Posted by うろこ at 2016年07月09日 23:07
はじめて。
mixiのコミュ→mani-maniさんのブログ→こちらとたどり着きました。
ご自分で型紙まで起こせるなんてすごいですね。
抱っこ紐はアップリカのコラン(首すわりからのタイプ)で、エルゴにもよく似てるので使えなくないかな…と思ってみたものの次男も来月2歳。なくて済みそうです。
でも、友人にまだ5ヶ月の赤ちゃんがいてエルゴ使用なので、もしかしたら型紙を使わせてもらうかもしれません。
Posted by みかん at 2016年07月10日 07:07
みかんさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
そうなんですよね〜抱っこ紐も2歳を超えるとあまりお世話にならなくなりますよね。我が家の次女も秋には2歳になりますが、抱っこ紐生活もあと少しかなと思います。
ご友人用に型紙が必要になったときには、是非ご利用頂けると嬉しいです^^
どうぞご自由にアレンジなさって下さいね(´∀`)
Posted by うろこ at 2016年07月10日 22:39
いつもブログ楽しみにしています。
今2人目の臨月です。
上の子のコップ入れに続き、
エルゴの収納カバーと、フードカバーを作ってみました!うろこさんの説明と写真がどのサイトよりもわかりやすいです。
ミシンを買って初めてボタンホール機能も使うきっかけになり嬉しいです。笑
Posted by かるかる at 2016年07月20日 15:25
かるかるさん、こんにちは♪
いつもブログを見て頂いてありがとうございます^^

何と今臨月なんですね!赤ちゃん楽しみですね〜(´∀`)
新生児の可愛らしさはまた格別ですよね^^

エルゴ用品もブログを参考にして作って頂いてありがとうございます。わかりやすいと言って下さってとても嬉しいです。
ボタンホール機能、確かに何かきっかけがないと意外と使わない機能ですよね(苦笑)

それでは暑い時期なので体調にどうぞお気を付け下さいね。
出産は体力勝負ですが頑張って下さいませ!(´∀`)
Posted by うろこ at 2016年07月21日 12:11
うろこさん、はじめまして(^ ^)
作り方と型紙をお借りして、エルゴカバー作らせて頂きました!

ミシン初心者なのですが、とてもわかりやすかったです。
子供を寝かしつけた後のお楽しみに、毎日ちょっとずつ進めました(^ ^)笑

お陰様で、とても可愛いカバーができました♡
2015年に購入したエルゴにもぴったりでした!
また参考にさせて頂きます♡
Posted by omom at 2016年08月02日 11:14
omomさん

こんにちは!コメントありがとうございます^^
エルゴカバー作って下さったんですね。
型紙と作り方、分かりやすいと言って下さって嬉しいです♪
そして最近のエルゴにもピッタリ使えるというご報告をいただけてありがたいです^^

乳幼児が家にいると、どうしても自由になる時間は寝かしつけの後になちゃいますよね〜。
私も夜な夜なミシンを走らせてブログを更新する生活スタイルがすっかり定着してしまいました(苦笑)

それではぜひまた遊びにお越し下さいね。
お役に立つような型紙、また頑張って作ってみたいと思います♪
Posted by うろこ at 2016年08月03日 05:10
エルゴのフードカバーを作らせて頂きました。
頭のカーブを、切るのも縫うのも難しく感じてましたが、とっても簡単で、仕上がりもきれいな作り方を教えて頂きありがとうございました。
ボタンホールが出来ないミシンだったので、手縫いの方法で作らせて頂きとっても助かりました。

一人目でくたびれたエルゴも、きれいなフードカバーを付けることで、気持ちも見た目も新たに二人目に活用できますね。

また、参考にさせて頂きます。
Posted by AKANE at 2016年09月16日 08:13
AKANEさん

はじめまして!フードカバー、作って頂いてありがとうございます。実際に作った感想をお聞かせ下さってとても嬉しいです^^
ボタンホールの代替案もお役に立ったようで何よりです。
抱っこ紐は使用頻度が高いから2人目・3人目となるとどうしてもくたびれてきますよね。我が家のエルゴもだいぶ年期が入ってきました…(ノ∀`)
またお役に立つような型紙など公開できればと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪
Posted by うろこ at 2016年09月17日 02:05
はじめまして!

お嫁さんがエルゴの抱っこひもを買ったので、早速うろこさんが提供してくださっている型紙を使ってカバーを作りました。
型紙も作り方も丁寧で、写真付きで説明してあったので、とても作り易くて助かりました。
お蔭様で、フードカバー・ベルトカバー・本体カバーと、セットで可愛く作ることが出来ました。

ホームページはありませんが、ヤフーブログに出来上がったものを載せています。
よろしかったら、覗いてみてください。

本当に、ありがとうございました。
取り急ぎ、御礼まで…。


Posted by ロセママ at 2016年10月07日 11:12
【追伸】
ホームページアドレスのところにブログのアドレスを書き込んだので表記されるのかと思ったら、出ていないようなので、こちらの方に書き出しておきます。
rosemama1210のブログで検索していただければ、出てくると思います。

まだ、子供さんが小さいので子育てをしながら大変でしょうが、可愛い作品をいっぱい作ってくださいね。
期待しております。
Posted by ロセママ at 2016年10月07日 11:21
ロセママさん

はじめまして、コメントありがとうございます^^
お嫁さんの為に手作りされるなんてとても素敵ですね!
作り方と型紙がお役に立ったようで、私としてもとても嬉しいです♪
ブログの方でもご紹介頂きありがとうございます。
早速拝見させて頂きましたが、お揃いの生地での3点セットがとてもお洒落な雰囲気ですね〜(´∀`)

それではまた何かの際にはブログにお越し下さいませ!
丁寧なコメントありがとうございました^^
Posted by うろこ at 2016年10月07日 16:11
初めまして
抱っこ紐のフードカバーを作りたくて参考にさせてもらいました。そこで質問です。
型紙を印刷したいんですがA4サイズで印刷して貼り付けてるんですか?
Posted by くみこ at 2016年11月05日 16:00
くみこさん

こんにちは、ブログをご覧頂いてありがとうございます。
ご質問の件ですが、A4サイズでの印刷で大丈夫です。
「エルゴフードカバー無料型紙1.pdf」「エルゴフードカバー無料型紙2.pdf」このPDFファイル文字リンクをクリックして1つずつ開き、それぞれをA4サイズでそのまま印刷して下さい。
拡大縮小無しです。
印刷したら1の方に記載してある18cmの部分が、紙の上で実際に18cmになっているかどうかだけご確認下さいね。
Posted by うろこ at 2016年11月06日 06:55
エルゴフード、収納袋作るとき生地は先に洗ったほうがいいですか?
Posted by 齋藤 at 2017年06月02日 13:36
>齋藤さん

こんにちは。
ご質問の件ですが、フードカバーはもしダブルガーゼで作る予定でしたら、面倒で無ければ一度水通しした方が無難かなと思います。
(完成後洗濯すると多少縮む恐れがある、赤ちゃんの肌に直接触れる物である…という理由より)

収納袋は、もしオックスのようなしっかりとした生地で作る予定なら、よほど歪みがある生地でないならば水通ししなくてもあまり問題ないかな…というのが私の個人的印象です。
ダブルガーゼで作る予定でしたら、やはり水通しをオススメします。
紹介している収納カバーは結構ジャストサイズで寸法をとってあるので、洗濯で縮むと最悪収まりきらなくなる可能性もあるので^^;

ご参考になれば幸いです。
Posted by うろこ at 2017年06月02日 14:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: