2019年02月17日

レッスンバッグの作り方(切替あり/裏地あり/マチ選択可)【入園入学グッズ】

レッスンバッグmake36.jpg

入園入学アイテムの定番品の1つ「レッスンバッグ(絵本バッグ)」。

通園バッグやランドセルの補助バッグとして、入園入学準備の指定品になっている園や学校も多いですよね。

園で借りた絵本を持って帰ったり、学校で作った工作品を持ち帰ったりと用途は色々。

今回はそんな出番の多いレッスンバッグの作り方を、手順画像付きでご紹介致します。

また「マチ」がある場合の作り方もあわせてご紹介しますので、用途に合わせてお選び下さい。

それでは材料及び作り方です。

【出来上がり寸法】
縦30cm×横40cm
(※マチ無しの場合)

【材料】
・表地1(上布)…25cm×42cm(2枚)
・表地2(底布)…16cm×42cm(1枚)
・裏地…62cm×42cm
・アクリルテープ(25mm幅)…36cm(2本)
※身長等に合わせて持ち手の長さは調節して下さい
・ネームタグ(お好みで)

【必要な道具】
・ミシンとミシン糸
・裁ちばさみ(もしくはロータリーカッター)
・まち針
・アイロン
・糸切りばさみ
・定規
・目打ち
・チャコペン(布用ペン)※あると便利

レッスンバッグmake1.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。




安心の広さと包容力抜群のタフガイ。





押さえた生地は決して逃がさない。

我が家の三種の神器。
こういった長方形の生地を正確に切り出すのにとても向いているので、作業効率が格段にアップします(´∀`)
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

レッスンバッグmake2.jpg
表地1(上布)25cm×42cmを2枚。
表地2(底布)16cm×42cmを1枚。
裏地62cm×42cmを1枚。
持ち手用のアクリルテープ(25mm幅)36cmを2本。

表地を切替なしで作る場合は、表地用に62cm×42cmの生地(裏地と同じサイズ)を1枚用意して下さい。

レッスンバッグmake3.jpg
上布と底布を中表にあわせてまち針で留め、生地端から1cmのラインで縫う。
※柄に上下の向きがある生地の場合は、合わせる方向に要注意!

レッスンバッグmake4.jpg
縫えたら生地を開き、縫い代をアイロンで底布側に倒す。

レッスンバッグmake5.jpg
表側の切替部分に、生地端から2mmのラインに押さえのステッチを入れる。

レッスンバッグmake7.jpg
ミシンの「押さえ」に合わせて縫うと縫いやすい。

レッスンバッグmake6.jpg
縫えるとこんな感じ。
押さえステッチは面倒な場合は省略可ですが、縫っておくと内側で縫い代がもたつきません。

レッスンバッグmake8.jpg
もう1枚の上布も同じように縫い合わせる。

レッスンバッグmake9.jpg
直線を縫う時に布用ペンなどで線を引いておくと縫いやすい。



↑お気に入りの布用ペン。
ペン先が細くて描きやすいです。
霧吹きでサッと消えるのも良い感じ♪

レッスンバッグmake10.jpg
両方縫い合わせるとこんな感じ。
この時点で裏地と同じサイズになっていればOK。

お弁当袋make10.jpg
外から見える部分に名札をつけたい場合は、この時点で縫い付けておく。

↑うろこ愛用の名札用コットンテープ。
この綿テープは平織りなのでネームペンで名前が書きやすいのがお気に入りです♪

(8cmで切って両側1cmずつ折り込んで6cmにしてから使用。邪魔にならないちょうどいいサイズ感です。)

レッスンバッグmake12.jpg
表地につけても良し。

レッスンバッグmake14.jpg
裏地につけても良し。

【バッグの名札の位置ってどこが良いの?】
幼稚園・保育園の場合「先生が名前をすぐに確認しやすい」という観点から「外側の見えやすい場所につける」という指定の園は結構多いようです。

逆に小学校の場合「防犯上の理由から」という意味で「外から見えない内側」につける傾向にあります。

もちろん名札の位置がきちんと決まっている園や学校もありますので、園や学校から配られた「準備品リスト」をまずは把握しましょう。


レッスンバッグmake11.jpg
生地を中表になるように半分に折り、左右それぞれ生地端から1cmのライン縫う。

レッスンバッグmake13.jpg
中表に折る時、切替部分がきちんと合っているか確認すると仕上がりが綺麗♪

レッスンバッグmake15.jpg
縫えるとこんな感じ。

レッスンバッグmake37.jpg
なお「マチ」を作る場合はこの時点で作っておく。

レッスンバッグmake38.jpg
生地の向きを変え画像のように折りたたむ。

レッスンバッグmake39.jpg
【4cmのマチを作る場合】
画像を参照に、中心線から左右2cmずつになる場所を見つけて縫う。
(反対側も同じように縫う)

レッスンバッグmake40.jpg
表側にひっくり返したところ。

レッスンバッグmake41.jpg
マチを作るとレッスンバッグの底はこんな感じになります。

※マチを作らない場合はそのまま次の工程に進んで下さい。

レッスンバッグmake16.jpg
縫い代をアイロンで割る。

レッスンバッグmake45.jpg
袋口をアイロンで1cm折り返す。

レッスンバッグmake19.jpg
表側に返す。

レッスンバッグmake18.jpg
角は目打ちなどを使って綺麗に出しておく。
表地の完成。

レッスンバッグmake20.jpg
裏地を縫う。
中表になるように半分に折り、生地端から1cmのラインを縫う。

レッスンバッグmake21.jpg
縫い代をアイロンで割る。
※マチありにしたい場合は、この時点で裏地もマチを作って下さい。

レッスンバッグmake46.jpg
袋口をアイロンで1cm折り返す。

レッスンバッグmake23.jpg
画像の様に、表地の中に裏地を入れ込む。

レッスンバッグmake28.jpg
この時表地と裏地の脇の縫い目がきちんと合っているか確認しておく。

レッスンバッグmake24.jpg
袋口部分を綺麗に揃える。

レッスンバッグmake25.jpg
画像を参照にアクリルテープを表地と裏地の間に挟み込み、まち針でとめる。
※ねじれないように要注意!

レッスンバッグmake27.jpg
2本とも挟み込んだら、一度この時点でお子さんに持って貰って長さを確認すると良いです。

36cmだとそこそこ長めで小学生向け。
背の低い園児さんなら32cmくらいでもいいかも。

レッスンバッグmake29.jpg
袋口部分をまち針でとめる。

レッスンバッグmake30.jpg
生地端から2〜3mmのラインを1周ぐるりと縫う。

レッスンバッグmake31.jpg
持ち手部分は1番負荷がかかるので、しっかりと返し縫いをしておくと良い。

レッスンバッグmake32.jpg
レッスンバッグの完成です。

レッスンバッグmake33.jpg
内側はこんな感じ。

レッスンバッグmake42.jpg
ちなみに「4cmのマチ」を作った場合、出来上がりサイズは「袋口部分の横幅40cm、底部分の横幅36cm、縦幅28cm」程度になります。

制作の際の参考にして下さい。


【今回使った生地など】


本当に宝石みたいなカラフルな生地。
優しく女の子らしい雰囲気ですが、幾何学模様なので可愛らしすぎないのが個人的にすごくツボです。
色違いのブルーグリーン系のも大好きです!(´∀`)


袋物作りには欠かせない定番中の定番、オックスの無地。
ほんのり淡い系のピンクやサックスは使いやすい色ですね。


発色がすごく綺麗な水玉のカットクロスセット。
使いやすいカラーが5色セットでお値段何と1080円!
めっちゃ使い勝手が良いです。おすすめです♪

【裏地付きレッスンバッグ(絵本袋)におすすめの生地】
オックス・ツイル・ブロード・スケア・シーチング・綿麻など

【裏地におすすめの生地】
ブロード・スケア・シーチング・ローンなど



↑お好みの生地探しはこちらから♪

レッスンバッグmake34.jpg
今回ご紹介したのは1番シンプルな形のレッスンバッグなので、比較的短時間で作れるのが魅力です。

レッスンバッグmake35.jpg
共布でリボンや持ち手を作ったりすると、よりオリジナリティがアップ♪
アレンジの幅も広がります。

レッスンバッグmake43.jpg
こちらは次女が入園の際に作ったレッスンバッグ。
持ち手の長さは32cmです。

レッスンバッグmake44.jpg
裏地をキルティングで作ったので、張りのある仕上がりに。
ふっくらした感じになって可愛いです♪
(※裏地をキルティングで作る場合は、裏地の横幅を表地よりも数mmだけ小さく縫うと収まりが良いです)

レッスンバッグmake47.jpg
上履き入れとお揃いで作ってもオシャレです。

お子さんの園生活・学校生活に素敵な彩りを♪
ぜひお好みの生地を選んで作ってみて下さいね(´∀`)


---------------------------------------------------
【入園入学グッズ関連】
◇上履き入れ(シューズバッグ)の作り方はこちら→★

◇お着替え袋(体操服入れ)の作り方はこちら→★

◇お弁当袋の作り方はこちら→★

◇コップ袋(折りマチ/裏地あり/切替あり)の作り方はこちら→★

◇コップ袋(折りマチ/裏地なし/切替あり)の作り方はこちら→★

◇ランチョンマット(額縁仕立て)の作り方はこちら→★

◇ランチョンマット(裏地つき)の作り方はこちら→★
---------------------------------------------------


その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
次の無料型紙作成のモチベーションになります。(´∀`)

うろこのやる気スイッチ!
作り方がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)

・Amazonで定番人気のベビーグッズあれこれ→★


posted by うろこ at 03:16| Comment(4) | 巾着・袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は体操服入れについて詳しく教えてくださりありがとうございました。

レッスンバックについても困っており…。
完成サイズ"縦30、横45(袋口)、マチ6
で製作したいのですが裁断サイズを教えていただけないでしょうか?(汗)
表はオックス生地で裏地はキルティングで予定しています。裏地をキルティングにする際のコツなど教えていただけるとありがたいです。

また持ち手とは別に机にひっかけるループの様なものをつけたいのですが、可能ですか?
Posted by ひろちゃん at 2021年10月21日 12:07
もう1つ教えていただきたい事がありました(汗)

上靴入れなのですが、横幅とマチはそのままで大丈夫ですので縦だけ完成サイズを28cmにしたいのですが、裁断サイズを教えていただけないでしょうか?お時間がある時で構いませんのでよろしくお願いしますm(._.)m
Posted by ひろちゃん at 2021年10月21日 14:22
>ひろちゃんさん

体操服入れについて参考になったようで良かったです。
レッスンバッグの裁断寸法についてですが、マチを除いた縦幅が30cmという理解で計算させて頂きます。

この場合表地裏地共に「横47cm×68cm」で裁断すれば良いかと思います。

裏地がキルティングの場合はどうしても厚みが出ますので、間違いなく縫い代1cmの位置を縫ったはずなのにいざ縫い代を割ってひっくり返してみると数mm小さく出来上がる場合があります。

なので先に裏地を縫ってひっくり返しておき、次に表地の「片側だけ縫って」表にひっくり返して裏地と1度合わせてみて下さい。

問題なく収まりそうならそれで良し、もしこの時点でもし合わなさそうであれば、表地の縫い代幅を少し増やすなどの調整をすれば良いかと思います。

持ち手と別のループももちろん付けることは可能です。
長さ10cm程度の紐(巾着などに使う物)を、持ち手の内側に入れて縫うと良いと思います。
バッグの内部へは1cm程度入れ込んで下さい。
位置としてはバッグの中心線から左右3cmの位置がおすすめです^^
Posted by うろこ at 2021年10月24日 17:54
>ひろちゃんさん

上履き入れですが、出来上がりサイズが「袋口横幅22cm×マチを除いた縦幅28cm×マチ4cm」で計算致しますね。

この場合は表地裏地共に「縦62cm×横24cm」で裁断して下さい。

また縦幅が違うと切り替えの底布サイズも変わってきます。

底布を何cm見せたいかによって裁断寸法も違いますので、切り替えデザイン希望の場合は見せたいサイズを教えて頂ければまたご相談に乗らせて頂きますね^^
Posted by うろこ at 2021年10月24日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: