2019年02月19日

上履き入れ(シューズバッグ)の作り方(切替あり/裏地あり/マチあり)【入園入学グッズ】

上履き入れmake45.jpg

入園入学アイテムの定番品の1つ「上履き入れ(シューズバッグ)」。

週1で上履きを持ち帰る園や学校は多く、年間通して出番の多いアイテムです。

小学校によっては「室内履き用」と「体育館シューズ用」の2つのシューズケースを用意しなければならない所も!

上靴入れにはいくつかタイプがありますが、今回は一番オーソドックスなDカンに持ち手を通すタイプの作り方を、手順画像付きでご紹介致します。

それでは材料及び作り方です。

【出来上がり寸法】
縦24cm×横18cm×マチ4cm(袋口横幅22cm)

【材料】
・表地1(上布)…21cm×24cm(2枚)
・表地2(底布)…16cm×24cm(1枚)
・裏地…54cm×24cm
・アクリルテープ(25mm幅)…30cm(持ち手用1本)と6cm(タブ用1本)
・Dカン…1個
・ネームタグ(お好みで)

【必要な道具】
・ミシンとミシン糸
・裁ちばさみ(もしくはロータリーカッター)
・まち針
・アイロン
・糸切りばさみ
・定規
・目打ち
・チャコペン(布用ペン)※あると便利

上履き入れmake1.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。




安心の広さと包容力抜群のタフガイ。





押さえた生地は決して逃がさない。

我が家の三種の神器。
こういった長方形の生地を正確に切り出すのにとても向いているので、作業効率が格段にアップします(´∀`)
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

上履き入れmake2.jpg
表地1(上布)21cm×24cmを2枚。
表地2(底布)16cm×24cmを1枚。
裏地54cm×24cmを1枚。
アクリルテープ(25mm幅の物)持ち手用に30cmを1本。タブ用に6cmを1本。
Dカン1個。

表地を切替なしで作る場合は、表地用に54cm×24cmの生地(裏地と同じサイズ)を1枚用意して下さい。

上履き入れmake3.jpg
上布と底布を中表にあわせてまち針で留め、生地端から1cmのラインで縫う。
※柄に上下の向きがある生地の場合は、合わせる方向に要注意!

上履き入れmake4.jpg
縫えたら生地を開き、縫い代をアイロンで底布側に倒す。

上履き入れmake5.jpg
表側の切替部分に、生地端から2mmのラインに押さえのステッチを入れる。

上履き入れmake6.jpg
ミシンの「押さえ」に合わせて縫うと縫いやすい。

上履き入れmake7.jpg
縫えるとこんな感じ。
押さえステッチは面倒な場合は省略可ですが、縫っておくと内側で縫い代がもたつきません。

上履き入れmake8.jpg
直線を縫う時は布用ペンなどで線を引いておくと縫いやすい。



↑お気に入りの布用ペン。
ペン先が細くて描きやすいです。
霧吹きでサッと消えるのも良い感じ♪

上履き入れmake9.jpg
もう1枚の上布も同じように縫い合わせる。

上履き入れmake10.jpg
両方縫い合わせるとこんな感じ。
この時点で裏地と同じサイズになっていればOK。

お弁当袋make10.jpg
外から見える部分に名札をつけたい場合は、この時点で縫い付けておく。

↑うろこ愛用の名札用コットンテープ。
この綿テープは平織りなのでネームペンで名前が書きやすいのがお気に入りです♪
(8cmで切って両側1cmずつ折り込んで6cmにしてから使用。邪魔にならないちょうどいいサイズ感です。)

上履き入れmake11.jpg
ネームタグの場所は表地でも裏地でもお好みで。

【バッグの名札の位置ってどこが良いの?】
幼稚園・保育園の場合「先生が持ち主の名前をすぐに確認しやすい」という観点から「外側の見えやすい場所につける」という指定の園は結構多いようです。

逆に小学校の場合「防犯上の理由から」という意味で「外から見えない内側」につける傾向にあります。

もちろん名札の位置がきちんと決まっている園や学校もありますので、園や学校から配られた「準備品リスト」をまずは把握しましょう。


上履き入れmake12.jpg
持ち手を作る。
まず30cmのアクリルテープを半分の長さに折る。

上履き入れmake13.jpg
画像を参照に、アクリルテープを中央に置く。

上履き入れmake14.jpg
二重になったアクリルテープは分厚くてまち針が通りにくいので、布用の仮止めのりなどでくっつけておくと作業が非常に楽になります。


まち針やクリップで留めにくい場所も、これ1本あるだけで作業がかなりスムーズに♪
個人的に手放せないアイテムです。

上履き入れmake15.jpg
生地端から5mmのラインを縫う。
厚みがあって縫いにくい場合は、テープの中央から縫い始めてから返し縫いをすると比較的縫いやすいです。

上履き入れmake16.jpg
縫えたらこんな感じ。返し縫いは必須。

上履き入れmake17.jpg
タブ用のアクリルテープを半分に折り、Dカンを通す。

上履き入れmake18.jpg
持ち手とは反対側の上布にタブを置く。

上履き入れmake19.jpg
生地端から5mmのラインを縫う。

上履き入れmake20.jpg
裏地と表地を中表に重ねる。

上履き入れmake21.jpg
生地端から1cmのラインを、上下それぞれ縫う。

上履き入れmake22.jpg
アクリルテープの周りは厚みがあってずれやすいので、まち針でしっかり留めておく。

上履き入れmake23.jpg
テープ付近は一番負荷がかかりやすいので、しっかりと返し縫いをしておく。

上履き入れ…この形状のせいかぶんぶん振り回しやすく、親の予想の斜め上を行く扱い方をしてくれます…。・゚・(ノД`)・゚・。

ガッチリ縫い推奨です!

上履き入れmake24.jpg
縫えたら縫い代をアイロンで開き、画像を参照に生地の向きを変えて折りたたむ。
(アクリルテープは裏地側に倒しておく)

上履き入れmake25.jpg
この時、表地と裏地の境目をきっちりと合わせておくと綺麗な仕上がりに♪

上履き入れmake26.jpg
左右それぞれ生地端から1cmのラインを縫う。
片側の裏地の方は、返し口として6cm〜7cm程度あけておく。

レッスンバッグmake39.jpg
マチを作る。
画像を参照に生地をたたみ直し、中心線から左右2cmずつになる場所を見つけて縫う。
(反対側も同じように縫う)

上履き入れmake27.jpg
裏地も同じように縫う。

上履き入れmake28.jpg
マチが出来るとこんな感じ。

上履き入れmake29.jpg
縫い代をアイロンで割る。

上履き入れmake30.jpg
返し口から表側にひっくり返す。

上履き入れmake31.jpg
全体の形を整える。

上履き入れmake32.jpg
内側から手を入れて、マチの部分を綺麗に出しておく。

上履き入れmake33.jpg
返し口を閉じる。

上履き入れmake34.jpg
「コの字綴じ(ラダーステッチ)」など手縫いで閉じる場合は、縫い目2mm〜3mm程度の間隔で生地をすくっていき…

上履き入れmake35.jpg
最後にきゅっと糸を引っ張れば綺麗に閉じられます。

上履き入れmake47.jpg
もしくはこんな感じで↑ミシンで生地端から1mmのラインを縫っても大丈夫です。
お好みに合わせてどうぞ。

上履き入れmake36.jpg
返し口を閉じたら裏地を表地の中に入れ込み、袋口をアイロンで綺麗に整える。

上履き入れmake37.jpg
生地端から2〜3mmのラインを、ぐるりと1周縫う。

上履き入れmake38.jpg
上履き入れ(シューズバッグ)の完成です。

上履き入れmake43.jpg
今回はマチありで作りましたが、もちろんマチ無しでそのまま作ることも可能です。

お好み合わせてどうぞ♪

【今回使った生地など】


本当に宝石みたいなカラフルな生地。
優しく女の子らしい雰囲気ですが、幾何学模様なので可愛らしすぎないのが個人的にすごくツボです。
色違いのブルーグリーン系のも大好きです!(´∀`)


袋物作りには欠かせない定番中の定番、オックスの無地。
ほんのり淡い系のピンクやサックスは使いやすい色ですね。


裏地にぴったりな4mmドットのシーチング。
やはり水玉・ストライプ・チェックは何色あっても困りません♪

【裏地付き上履き入れにおすすめの生地】
オックス・ツイル・ブロード・スケア・シーチング・綿麻など

【裏地におすすめの生地】
ブロード・スケア・シーチング・ローンなど



↑お好みの生地探しはこちらから♪

上履き入れmake42.jpg
ちなみに…園や学校からの指定サイズが無い場合「上履き入れって一体どれくらいのサイズで作れば良いの?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

上履き入れmake39.jpg
今回作った上履き入れのサイズ感を検証すべく、2種類の上履きを用意してみました。
サイズは「15cm」と「20cm」です。

上履き入れmake41.jpg
まずは15cm。
ご覧の通りかなりゆとりがあります。
15cmだと縦方向はもちろんのこと、下手すると横向きにだって入れられる大きさです。

幼稚園の入園時に用意したとして、卒園する6歳の頃の足サイズは平均で「18cm前後」程度らしいので、園児時代に使う分には充分な大きさかと思います。

上履き入れmake40.jpg
お次は20cm。
ちょうどピッタリサイズくらい…でしょうか。

上履き入れmake48.jpg
実際に中に入れるとこんな感じ。
まだ少し余裕はありますね。
おそらく22cmくらいの上履きなら問題なさそうです。

つまり小学校の3〜4年くらいまでは使えそうですが、高学年になると特に成長著しい男子の上履きサイズには対応出来ないかもしれません。

高学年になる前に一度新調するか、もしくは1年生から将来を見据えてビッグサイズにするか?(低学年の内はちょっと持て余すかもしれませんが…)

そこは各ご家庭の事情に合わせて作ってみて下さいね。

【ビッグサイズの上履き入れ寸法について】
<出来上がりサイズ>
縦31cm×横24cm×マチ4cm(袋口横幅28cm)

<必要生地>
・表地1(上布)…28cm×30cm(2枚)
・表地2(底布)…16cm×30cm(1枚)
・裏地…68cm×30cm
アクリルテープはそのまま同じ長さでどうぞ。

恐らく25cmくらいの上履きならこれで入ると思います。

制作の際の参考にして下さい。


上履き入れmake44.jpg
入園入学グッズの定番、レッスンバッグとお揃いの生地で♪

入園グッズあれこれ2.jpg
入園グッズあれこれ4.jpg
こちらは次女の入園時に作った物。
通園時に自分で持っても地面に付かないように、敢えて小さめサイズで作りました。

上履き入れmake46.jpg
お着替え袋(体操服入れ)もセットにするとオシャレです。
同じ柄の色違いで作ったりしても素敵。

お子さんの園生活・学校生活に素敵な彩りを♪
ぜひお好みの生地を選んで作ってみて下さいね(´∀`)


---------------------------------------------------
【入園入学グッズ関連】
◇レッスンバッグの作り方はこちら→★

◇お着替え袋(体操服入れ)の作り方はこちら→★

◇お弁当袋の作り方はこちら→★

◇コップ袋(折りマチ/裏地あり/切替あり)の作り方はこちら→★

◇コップ袋(折りマチ/裏地なし/切替あり)の作り方はこちら→★

◇ランチョンマット(額縁仕立て)の作り方はこちら→★

◇ランチョンマット(裏地つき)の作り方はこちら→★
---------------------------------------------------


その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
次の無料型紙作成のモチベーションになります。(´∀`)

うろこのやる気スイッチ!
作り方がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)

・Amazonで定番人気のベビーグッズあれこれ→★


posted by うろこ at 13:38| Comment(5) | 巾着・袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!来春の入園に向けて参考にさせて頂いています。まだ準備段階ですが…(^_^;)次女さんの入園時に作成された上靴入れの大きさ、良ければ教えて頂けないでしょうか?娘が小柄なため小さめで作りたいのですが初心者ゆえ、元の大きさからどのように小さくしたら良いかさっぱり分からず(。´Д⊂)
お忙しいとは思いますが宜しくお願い致しますm(__)m
Posted by いわこ at 2021年01月10日 15:26
>いわこさん

初めまして!コメントありがとうございます^^
娘さん来春ご入園予定なんですね、おめでとうございます♪
参考にして下さって嬉しいです。

さてご質問の件ですが、次女入園児に作った上履き入れのサイズは

【出来上がりサイズ】
縦20cm×横16cm、マチ4cm 持ち手長さ13cm

【材料】
・表地1(上布)…19cm×22cm(2枚)
・表地2(底布)…12cm×22cm(1枚)
・裏地…46cm×22cm
・アクリルテープ(25mm幅)…28cm(持ち手用1本)と6cm(タブ用1本)

…と、こんな感じで作りました。

もし表地の切り替えをしない場合は、表地裏地ともに「46cm×22cm」の生地をご用意下さいね^^

もしご不明な点などあればまたお気軽にコメント下さい。
娘さんにぴったりの素敵な上履き入れが完成しますように〜♪
Posted by うろこ at 2021年01月11日 17:21
返信ありがとうございます!そして小さめサイズも詳しくありがとうございます。とても助かります!
初心者なもので生地の違いから、選び方、勉強しながら選んでいっています。上手く作れるか分かりませんが( ´△`)頑張って作ってみようと思います。
色々作ってあげたいなと思ってはいるので(笑)また困ったらコメントさせて頂くかもです(^^;
ブログもSNSもしていなくてフォローなどは出来ませんが応援していますね!
Posted by いわこ at 2021年01月13日 16:43
初めまして。
いつも楽しく拝見しています。親切丁寧なHP、型紙の無料掲載など、本当に有り難いです。
ついに!いつも見ているだけだった私が、一念発起しまして、小学生の娘と幼稚園の娘にシューズ入れを作りたいと思っているのですが、出来上がりサイズに対して、必要な布の長さはどのように計算するのでしょうか?それぞれ指定のサイズがありますし、また今後成長した時のためにも自分で計算できると便利だなーと思いまして。お忙しいとは思いますが、教えていただけますと幸いです。よろしくお願い致します。
Posted by エミ at 2021年08月28日 08:46
>エミさん

初めまして!コメントありがとうございます。
ブログを参考にして下さってとても嬉しいです^^
(ちょっと色々ゴタゴタしておりお返事が遅くなって申し訳ありませんでした;)

ご質問の件ですが、
出来上がり希望サイズ「縦Acm×横Bcm×マチCcm」の場合、

縦幅計算式は「Acm×2(裏表分)+縫い代2cm(上下1cmずつ)+マチCcm」
横幅計算式は「Bcm+縫い代2cm(左右1cmずつ)+マチCcm」

切り替えしない場合は、表地も裏地もこの計算式で出た数値で裁断します。

表地を切り替えする場合は、「上布Dcmと底布Ecmの合計」が「縦Acmと同じ」になるように比率を決めます。

上布計算式は「Dcm+縫い代2cm(上下1cmずつ)」
底布計算式は「Ecm×2(裏表)+縫い代2cm(上下1cmずつ)+マチCcm」

横幅は最初に出した横幅をそのまま適用します。
また上布は裏表必要なので2枚裁断し、底布は1枚裁断します。

例)出来上がり希望サイズ「縦20cm×横16cm、マチ4cm」

縦幅…「20cm×2(裏表分)+縫い代2cm(上下1cmずつ)+マチ4cm」=「46cm」
横幅…「16cm+縫い代2cm(左右1cmずつ)+マチ4cm」=「22cm」

表地と裏地のサイズは「46cm×22cm」

表地を切り替えて「上布17cm、底布3cm」としたい場合

上布…「17cm+縫い代2cm」=「19cm」
底布…「3cm×2(裏表)+縫い代2cm(上下1cmずつ)+マチ4cm」=「12cm」
よって、「上布19cm×22cm…2枚」「底布12cm×22cm…1枚」
…となります。

この上布底布の計算が合っているかどうかを確認する計算式は
「上布縦幅×2(裏表分)+底布縦幅-4cm(縫い代1cm4カ所分)」で、この答えが裏地の縦幅と同じになっていれば大丈夫です。

確認計算例)上布19cm×2+底布12cm-4cm=46cm

上記の通り、裏地の縦幅と同じ46cmになったので、この計算式は成り立ちます。

いかがでしょうか?
式を見るとちょっとややこしい感じもしますが、ご参考になれば幸いです^^

もし分かりにくければ私の方でも計算のサポートはさせて頂きますので、またお気軽にコメント下さいね(´∀`)
Posted by うろこ at 2021年09月06日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: