2019年03月18日

フリルスタイの作り方〜3タイプアレンジ〜

フリルスタイmake82.jpg

スタイの中でも特に華やかさのあるタイプの「フリルスタイ」。

ふわふわと波打つたっぷりのフリルは、赤ちゃんのお顔周りを優しく、そしてとっても愛らしく演出してくれます。

首元を360度ぐるりと一周カバーするフリルスタイは、可愛いだけではなく実用性も抜群。

今回はそんなフリルスタイの中でも、特に豪華な「二段フリルタイプ」の作り方をご紹介します。

また用途に合わせて【基本の総ゴムタイプ】【スナップボタンタイプ】【リボンタイプ】と3パターンのアレンジ方法も併せてご紹介。

お好みによって色々楽しんでみて下さい。

それでは材料及び作り方です。


【出来上がり寸法】
直径…約30cm
首下幅…約11cm
首回り…約28cm(調節可)


【材料】
・上フリル布…17cm×100cm 1枚
・下フリル布…20cm×100cm 1枚
・平ゴム…8mm幅を110cm程度
(※実際に使うのは30cm程度だが長めに用意すると作業がやりやすい)
・装飾用リボンやボタンなど(お好みで)


【必要な道具】
・ミシンとミシン糸(もしくは手縫い針と手縫い糸)
・裁ちばさみ(もしくはロータリーカッター)
・まち針
・アイロン
・糸切りばさみ
・定規
・ゴム通し
・目打ち
・仮止め用のり(あると便利)

フリルスタイmake1.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。



安心の広さと包容力抜群のタフガイ。




押さえた生地は決して逃がさない。



我が家の三種の神器。
作業効率が格段にアップします(´∀`)
ダブルガーゼのようなほつれやすい生地を短時間で正確に切りたい時には最適のアイテム。
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

フリルスタイmake2.jpg
上フリル用布100cm×17cmを1枚。
下フリル用布100cm×20cmを1枚。

フリルスタイmake3.jpg
下フリル布を画像の様に1cmずらして中表にあわせる。

フリルスタイmake4.jpg
生地端から1cmの赤ラインを縫う。
(始めと終わりは返し縫い。以下「縫う」と指示のある箇所は全て返し縫いを行う)

フリルスタイmake5.jpg
縫う場所はあらかじめ線などを書いておくと縫いやすい。


印付けには、後から消せるタイプの物がおすすめ。
↑こちらは愛用している水で消える布用マーカー。
軽い力でくっきりした線が書けるのでダブルガーゼ向き!
霧吹きシュッと一吹きでサッと消えます(´∀`)

フリルスタイmake6.jpg
縫えるとこんな感じ。

フリルスタイmake7.jpg
反対側も同じように縫う。

フリルスタイmake8.jpg
角を三角に切り落とす。
(縫い目を切らないように要注意)

フリルスタイmake9.jpg
縫い代をアイロンで割る。

フリルスタイmake10.jpg
生地を表側にひっくり返す。
角は目打ちなどで綺麗に整える。

フリルスタイmake11.jpg
ちなみにもし先の尖ったピンセットがあれば…

フリルスタイmake12.jpg
画像のように角をしっかりと挟み、

フリルスタイmake13.jpg
そのままクルリと表側に返すと…

フリルスタイmake14.jpg
この様に一度で美しく角が出ます。


↑こういう感じの先が細いピンセットは細かい作業がやりやすいです。
額縁仕立て」などの角出しなどにも活躍します。
手芸やクラフト作業に1つあると何かと便利なアイテムです。

フリルスタイmake16.jpg
画像の縫い代部分の中央ラインを縫う。
(ここを縫っておくとゴムやリボンを通した時に生地端が表に飛び出て来にくくなる)

フリルスタイmake17.jpg
縫えるとこんな感じ。

フリルスタイmake15.jpg
全体が均一に「1cmずらし」の状態になるようにアイロンをかける。

少し手間ですがここでしっかりと定規で測りながらアイロンをあてておくと、仕上がりがとても美しくなります。

フリルスタイmake18.jpg
下フリル布の完成。

フリルスタイmake19.jpg
次に上フリル布を作る。

上フリル用の布を画像のように3cmずらして中表に合わせ、生地端から1cmのラインを縫う。

フリルスタイmake20.jpg
角を三角に切り落とす。
反対側も同じように縫っておく。

フリルスタイmake21.jpg
縫い代をアイロンで割る。

フリルスタイmake22.jpg
生地を表側に返し、角を綺麗に整えておく。

フリルスタイmake24.jpg
画像の縫い代部分の中央を縫う。
(反対側も同じように縫っておく)

フリルスタイmake23.jpg
全体が均一に「3cmずらし」の状態になるようにアイロンをかける。
ここも是非丁寧に。

フリルスタイmake27.jpg
生地の上側を「1cm」アイロンで折る。

フリルスタイmake29.jpg
さらに「2cm」アイロンで折る。

フリルスタイmake30.jpg
全体にアイロンがかかるとこんな感じ。

フリルスタイmake31.jpg
上フリルと下フリルを図の様に重ねる。

フリルスタイmake32.jpg
上フリルで下フリルを挟むようにしてまち針で留める。

フリルスタイmake33.jpg
ちなみに「両端」→「中央」→「残りの間部分」の順番でまち針を留めると綺麗に収まりやすい。

フリルスタイmake34.jpg
等間隔になるようにまち針をうつ。

フリルスタイmake35.jpg
全体を綺麗に挟み込む。

フリルスタイmake36.jpg
生地端から3mm程度のラインを縫う。

フリルスタイmake37.jpg
縫えるとこんな感じ。
本体パーツの完成。

※後述する「アレンジバージョン」にはここから派生していきます。


@【総ゴムタイプ】の場合
フリルスタイmake38.jpg
8mm幅の平ゴムの端から30cmの部分にあらかじめ印をつけておく。

フリルスタイmake39.jpg
ゴム通しでゴムを通す。

フリルスタイmake40.jpg
この時布にギャザーを寄せず、フラットな状態で端から端までゴムを通してしまう。

こうすることによって、内側でゴムがねじれることを防ぐことが出来る。
(この作業の為にゴムが長めに必要。でもゴム通しのイライラストレスは半減します!)

フリルスタイmake41.jpg
ゴムの先端をクリップなどで留める。

フリルスタイmake42.jpg
最初に付けたゴムの印が見えるまで布を引き寄せる。

フリルスタイmake43.jpg
最初の30cmのラインでゴムを切る。

フリルスタイmake44.jpg
1cm〜2cm程度重ねてゴムを縫いとめる。

なお理論上では「30cmのゴムを2cm重ねて縫うと28cmの輪っかになる」はずなのですが、どうしても使う生地の種類や分厚さによって30cm分ギャザーを寄せた後の生地の長さに差異が出ます
なのでゴムを縫いとめる前に一度お子さんの首に巻いてみて長さの確認をおすすめします。


フリルスタイmake45.jpg
ゴムを生地の内側に入れ込む。

フリルスタイmake47.jpg
後はお好みでリボンなどをつければ、フリルスタイ【総ゴムタイプ】の完成です。



A【スナップボタンタイプ】の場合
フリルスタイmake76.jpg
【追加材料】
・プラスナップボタン(直径9mm〜10mm)…1組
・ハンディプレス(ワンタッチタイプのスナップボタンなら不要)

フリルスタイmake49.jpg
完成した本体パーツ。

フリルスタイmake50.jpg
フラットな状態で平ゴムを通す。

フリルスタイmake51.jpg
画像を参照し、生地端から1.5cmのラインでゴムを縫いとめる。

フリルスタイmake52.jpg
ゴムを外側にギュッと引っ張った状態でゴムを切る。

フリルスタイmake53.jpg
内側でゴムがこの様な状態になればOK。

フリルスタイmake54.jpg
布を引っぱりギャザーを寄せる。

フリルスタイmake55.jpg
ギャザーを寄せた後の生地の長さが約30cm程度になるように調整し、生地端から1.5cmのラインでゴムを縫いとめる。
※縫いとめる前に一度お子さんの首に巻いてみて長さの確認をお勧めします
縫えたら逆側と同じようにゴムを引っ張った状態でゴムを切っておく。

フリルスタイmake56.jpg
プラスナップボタンを付ける。

プラスナップボタンはワンタッチタイプでもハンディプレスを使うタイプでも、どちらでもお好みで。


ちなみに私はこの商品を愛用しています。
手作り工房 MY mama」さんで買った物ですが、送料無料で更に最初からプラスナップボタンがおまけでついてくるのでとてもお得でした♪

そんなにハンドメイドはしない…という方は、ハンディプレス不要のワンタッチタイプも便利です。



フリルスタイmake57.jpg
生地端から1cm程度の部分に目打ちで穴を開け…

フリルスタイmake58.jpg
穴の上下からバネとゲンコをそれぞれ差し込み…ハンディプレスでぎゅっ!

フリルスタイmake59.jpg
スナップボタンを留めるとこんな感じ。

フリルスタイmake60.jpg
お好みでリボンなどをつければ、【スナップボタンタイプ】の完成です。



B【リボンタイプ】の場合
フリルスタイmake66.jpg
【追加材料】
・お好みのリボンや紐など…80cm程度
(※幅1cm以下の、滑りが良いサテンタイプなどがおすすめ)

フリルスタイmake62.jpg
完成した本体パーツ。

フリルスタイmake63.jpg
端からリボンなどを通す。

フリルスタイmake64.jpg
布にギャザーを寄せつつ、両側から同じ長さのリボンが出るように調節する。

フリルスタイmake65.jpg
そのままリボンを結べば、【リボンタイプ】の完成です。


【型紙・レシピについて】
フリルスタイは材料が「長方形の布2枚」だけの為、無料配布の型紙はありません。ご了承下さい。

ご自宅で寸法を測って裁断をお願いします。
(50cmの定規があると作業しやすいです)



【商用利用について】
型紙や、当ブログのレシピは個人レベルでの商用利用可です。
どうぞお気軽にご利用下さい♪
(minneやメルカリ、フリーマーケットなどはOKです。手芸店・企業などでの使用は想定しておりません)

もしブログやInstagramアカウントなどお持ちでしたらご紹介下さったりリンクを貼って頂けると嬉しいです(´∀`)
インスタグラムのアカウントはこちら↓
Instagramロゴ.jpg
@urokohandmade

当ブログの型紙や作り方で作った作品をアップされる場合、良ければ是非「#うろこのあれこれハンドメイド」とハッシュタグを付けて下さいませ。

型紙シリーズ名→「UROKO*handmade」
※型紙そのものの、サイト、店舗、教室での二次配布・転売・オークション出品はご遠慮下さい。
※手芸教室・サークルなどでご使用になりたい場合は、コメント欄までご連絡下さい。



フリルスタイmake77.jpg
フリルスタイのアレンジバージョン3タイプ。
一体どれがおすすめなのか?

それぞれの「メリット・デメリット」について記載してみたので、作成の歳の参考にして下さい。

フリルスタイmake79.jpg
【メリット】
・すぽっとかぶせるだけなので着脱が比較的楽。
・ゴムが完全に繋がってスタイが輪っか状になっているので、360度バランス良くカバーしてくれる。
・ゴムの長さによって首回りの調整がしやすい。

【デメリット】
・頭から物をかぶることを極端に嫌がる赤ちゃんには鬼門。


フリルスタイmake78.jpg
【メリット】
・首座り前やねんね期の赤ちゃんには着脱が楽。
・かぶりタイプを嫌がる赤ちゃんには普通のスタイと同じ感覚で付けられる。

【デメリット】
・ゴムを縫いとめるので一度首回りの長さを決めてしまうと後から調整が出来ない。
・自分でボタンを外してしまう場合あり。


フリルスタイmake80.jpg
【メリット】
・1番首回りの長さの調整がし易い。
・その日の気分や洋服によってリボンを変更し、コーディネートを楽しめる。
・洗濯後のアイロンがかけやすい。

【デメリット】
・バランス良く綺麗に手早くリボンを結ぶのが案外難しい。
・子供の年齢(月齢)によっては簡単にちょうちょ結びを引っ張って外してしまう恐れ有り。

…とこんな感じで、それぞれにメリット・デメリットは存在します。
ぜひお子さんのタイプや使い勝手にあわせて作ってみて下さい。



【フリルスタイの素材について】
布買い記録190314-2.jpg
フリルスタイはそのデザインの特性上、あまり分厚い生地での作成は向いていません。
(どうしても首回りがもこもこしてしまうため)
生地の厚さとしては「普通地〜薄地」のコットンやリネン素材がおすすめです。

個人的にはスタイ素材の定番「ダブルガーゼ」や軽やかな「綿ローン」あたりが、首回りへの負担も少なく、また綺麗なフリルが出来るかなと思います(´∀`)

フリルスタイmake67.jpg
↑ちなみにこちらは同じ寸法で、白無地の綿ローンで作ったフリルスタイです。
こちらも立体的で華やかなフリルになっています。

【フリルスタイにおすすめの無地ガーゼ】

【フリルスタイにおすすめの柄生地】


なお今回の見本作品は、
伊藤尚美テキスタイルよりnani IROダブルガーゼ fuccra rakuen



ダブルガーゼ生地売り 無地シリーズより「めろん色」



国産やわらかコットンダブルガーゼより「ピーチ」



ヒッコリープリントより「ライトブルー」



ダブルガーゼデニム風プリントより「ライトブルー」



綿ローン より「ホワイト無地」



…で作成しました。
どの生地もとっても素敵でおすすめです!(´∀`)♪



【フリルの横幅について】
今回フリルの横幅は「100cm」で作成しました。
この幅はお好みによって変えて頂いて大丈夫な部分です。

・生地幅110cm→かなりフリルが豪華でボリューム感たっぷり。生地が分厚いと首回りがややもこもこする。
・生地幅100cm→見本作品通り。
・生地幅90cm→フリル少なめで首元がスッキリした感じ。外側のフリルはややフラットな印象になる。

↑何パターンか試作してみたうろこ的所感です。
制作の際の参考にして下さい。



【フリルスタイの対象年齢について】
フリルスタイmake70.jpg
このフリルスタイは「スタイ」という名称ではありますが、使用時期は赤ちゃん時期に限りません。

とてもおしゃれ感・フォーマル感の強いスタイですので「つけ襟スタイ」として幼児期でも充分に使って頂けます

フリルスタイmake68.jpg
年齢が上がればダブルガーゼではなく張りのあるローン等で作成し、フォーマルなつけ襟として活躍します。

フリルスタイmake73.jpg
フリルスタイmake74.jpg
着用年齢:4歳

こちらは我が家の次女がシンプルな紺のワンピースにコーディネートした場合。
(卒園式の在園児としての服装です)
フォーマルかつ可愛らしい雰囲気でした♪

モニター画像フリルスタイnonoさん.jpg
こちらは全く同じサイズのフリルスタイを1歳5ヶ月のお嬢さんに着用して頂きました。
(こちらはダブルガーゼ素材の総ゴムタイプです)
上半身をたっぷりとカバーする、とても女の子らしい華やかなスタイ姿です♪

普段は帽子などを嫌がるという事でしたが、ゴムをしっかり伸ばした状態で頭に触れないように着けたら問題無く着けてくれたとの事です。
また洗濯後もあまり型崩れなく使用出来るというお話でした。
(素敵な写真ありがとうございました^^)



フリルスタイmake71.jpg
フリル襟スタイ16.jpg
フリル襟スタイ15.jpg
フリルスタイの可能性は無限大!
「柄×無地」「柄×柄」の組み合わせでも良いですし、無地1色だけで作るのもとっても綺麗です。

お好みにあわせてぜひ色々と試してみて下さいね(´∀`)♪


スタイが出来たら、お揃いでかぼちゃパンツやブルマ、ベビーヘアバンドもいかがですか?
バナー:かぼちゃパンツ.jpg

ベビーブルマmake0.jpg

バナー:ベビーヘアバンド.jpg

その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

うろこのやる気スイッチ!
次の無料型紙作成のモチベーションになります。
作り方や型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)

・Amazonで定番人気のベビーグッズあれこれ→★


posted by うろこ at 10:48| Comment(5) | スタイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(*^_^*)
フリルスタイをどうしても作りたくて検索していたらこちらに辿り着きました。
ミシン初心者の私は、動画でないと作れなかったのですが、こちらはとっっっても分かりやすくて姪っ子に作ろうとワクワクしています♪

そこで質問があるのですが、プラスナップボタンバージョンのピンクのスタイの、ドットの生地はどちらで購入されたものでしょうか?
このピンクのスタイがどストライクなのでそのまま作りたいと思いまして…。
教えていただけたら幸いです。
宜しくお願い致しますm(_ _)m
Posted by きな粉 at 2019年04月05日 10:27
>きな粉さん

はじめまして!コメントありがとうございます^^
フリルスタイのレシピをお目に留めて下さって嬉しいです♪

ご質問の件ですが、こちらのグレーのドットガーゼは近所のパンドラハウスの店頭で購入した物になります。
ご存じかもしれませんがパンドラハウスはイオンモール系列のショッピングセンターに入っている手芸店です。
割と全国どこにでもある感じなので、もしお住まいの地域にパンドラハウスがあるなら一度覗いてみて下さい。

ちなみにこのダブルガーゼは去年の夏頃に結構見かけた商品で、今の時期は季節はずれのせいかうちの近所のお店ではワゴンコーナーのお値打ち商品として売られていました。
(パンドラハウス楽天市場店では残念ながら売り切れのようでした)

ご参考になれば幸いです。
スタイ制作頑張って下さいね(´∀`)
Posted by うろこ at 2019年04月05日 23:37
いつも参考にさせていただいております!
現在9ヶ月の息子が昼寝をしたら、そぉっとミシンを出して…うろこさんのブログを開いて、、、これが日々の楽しみです。これからもよろしくお願いいたします!

さて早速ですが、スナップボタンタイプのフリルスタイを製作中です!
最後のボタン付けのところまできたのですが、当方手持ちの9mmサイズのボタン(清原)では、うまくつきませんでした。生地の重なりが多い箇所なので、分厚すぎるようです。
あまり大きすぎるのはどうかなと思いつつ13mmボタンを楽天マラソン滑り込みで購入しようかと思っているところです。

うろこさんは、9mmのボタン問題なく装着できましたでしょうか?何かコツなどあればお教えいただきたいなと思い、コメント書き込みさせていただきました。

よろしくお願いいたします。
Posted by ぷみぷみ at 2019年04月15日 22:13
>ぷみぷみさん

こんばんは!コメントありがとうございます^^
育児の合間の貴重な時間にフリルスタイに挑戦して下さって嬉しいです♪

さてご質問の件ですが、確かに生地が重なって分厚い場所ですよね^^;
一応私が見本のスタイを作った時には問題無く9mmスナップを付けることは出来ました。

ぷみぷみさんもダブルガーゼで作られましたか?
一口にダブルガーゼと言っても厚みも少しずつ違うのでそのせいもあるのかもしれませんね。

分厚い場所にプラスナップをつける時のコツは、
・装着場所に少しきつめにアイロンをあてて生地をならしておく
・少し大きめに目打ちで穴を開ける
・親の敵かと思うくらいの力でプレスする(苦笑)

…と言う感じでしょうか。
実際少し付けにくいなと思う場合は、私も夫に頼んで力を貸して貰っています^^

とはいえ13mmのボタンでも、色さえスタイに合っていれば大丈夫かなと思います!
Instagramでも大きめプラスナップで作られた方のお写真を何枚も拝見してますし。

どうぞぷみぷみさんのやりやすいようにアレンジしてみて下さいね。
楽天マラソンの終了までにこの返信が届きますように〜(´∀`)
Posted by うろこ at 2019年04月15日 23:08
>>うろこさま
早速お返事くださってありがとうございました!無事に楽天マラソンで13mmスナップボタン購入できました♪
私もダブルガーゼを使っておりますが、アドバイスのお陰で!うまくいきましたー!大大大満足の仕上がりです!
また布の組み合わせを変えて、量産していこうと思いますー☆
ありがとうございました!

私、以前インスタでのドーナツスタイのアンケートで、フリルスタイの作り方を教えてほしいですと不躾ながらリクエストした者です。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
これからもブログ、インスタの更新を楽しみにしていまーす!
Posted by ぷみぷみ at 2019年04月18日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: