2018年02月12日

エルゴ首回りカバー(フード取り出し口付)の作り方【無料型紙】

首回りカバーmake51.jpg
赤ちゃん育児の必須アイテム、抱っこ紐。

1日のうち案外赤ちゃんはたくさんの時間を抱っこ紐の中で過ごしていますが、そうすると気になってくるのは抱っこ紐へのよだれ・汗問題。

月齢によっては肩紐だけでなくフード付近もなめなめしてしまう赤ちゃん。
あるいは春夏の汗ばむ季節では、汗っかき赤ちゃんの首回りの汗もママのお悩みポイントの1つ。

今回はそんな汗やよだれを優しくガードしてくれる「首回りカバー」の中でもスリーピングフードの出し入れ口が付いたタイプの作り方を、無料型紙付きでご紹介します。

それでは材料および作り方です。

【出来上がり寸法】
縦22cm×横50cm

【材料】
・ダブルガーゼ…45cm×55cm(表地用)1枚
・ダブルガーゼ…45cm×55cm(裏地用)1枚
・キルト芯…45cm×55cm 1枚
・薄手の布…5cm×5cm(接結用)2枚
・プラスナップボタン…2組

【必要な道具】
・ミシンとミシン糸(もしくは手縫い針と手縫い糸)
・裁ちばさみ(もしくはロータリーカッター)
・まち針
・アイロン
・糸切りばさみ
・定規
・目打ち
・ハンディプレス(ワンタッチタイプのスナップボタンなら不要)
・仮止め用のり(あると便利)

首回りカバーmake1.jpg
型紙を印刷し、生地のカット線で切り抜く。

首回りカバーmake2.jpg
図の様にAとBをのりしろで貼り合わせる。型紙の完成。

首回りカバーmake3.jpg
表地・裏地・キルト芯ともに45cm×55cm。

首回りカバーmake4.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。



安心の広さと包容力抜群のタフガイ。




押さえた生地は決して逃がさない。



我が家の三種の神器。
作業効率が格段にアップします(´∀`)
生地を短時間で正確に切りたい時には最適のアイテム。
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

首回りカバーmake5.jpg
生地を半分に折りたたみ、「わ」になった部分に型紙の◎をあわせて裁断する。

!!生地の裁断方向について!!
首回りカバー生地の裁断向きについて.jpg
柄に上下の向きがあるタイプの布を使う場合、実際に使用した時に「蓋」として見せたい方の生地は、必ず型紙に対して上記図の向きになるように裁断して下さい。
(今回の見本作品で言うと、白地ドットの布の方)
蓋は折り返して使うので、上下逆になります。ご注意下さい。

首回りカバーmake7.jpg
パーツA、3枚。

首回りカバーmake6.jpg
パーツB、3枚。

首回りカバーmake8.jpg
接結用布、2枚。

首回りカバーmake9.jpg
接結用布の両端を、図の様にアイロンで折る。

首回りカバーmake10.jpg
サイズは5cm×3cm。

首回りカバーmake11.jpg
パーツAの表地とキルト芯を合わせる。
(※ここでいう表地とは、蓋を折り返したとき柄が見えない方の生地を指します)

ちなみに今回使用したのは「片面接着キルト芯」です。

ベビースタイ5.jpg
片面だけアイロンで溶ける「のり」が付いています。
(よく見るとキラキラした粒がくっついています)

表地の裏面と接着キルト芯の「のり」がついた面をあわせ、ガーゼ生地の上からアイロンを当てる。

この時生地を上から押さえつけない様に気をつける。
(表面を撫でるように、アイロンを少し浮かし気味に滑らしていく)

首回りカバーmake13.jpg
表地の上に、先ほど作った接結用布を重ねる。
仮止め用のりで貼っておくと、後の作業がやりやすい。


うろこ愛用の仮止め用ペンタイプのり。
ちょこっと止めしたい時にはかなり便利(´∀`)

首回りカバーmake14.jpg
下から「芯地→表地→接結用布→裏地(蓋として見せたい方)」の順番になるように重ね、表地と裏地は中表に合わせる。

首回りカバーmake15.jpg
生地をまち針で留め、返し口を5〜6cm残して生地端から7mm程度のラインをぐるりと1周縫う。

首回りカバーmake16.jpg
カーブの部分に図の様に切れ込みを入れる。

首回りカバーmake17.jpg
先端部分はV字にカットする。
縫い目まで切ってしまわないよう要注意!

首回りカバーmake27.jpg
返し口付近の縫い代を、アイロンで割っておく。

首回りカバーmake18.jpg
返し口から指を入れ、ひっくり返す。
もごもご…。

首回りカバーmake19.jpg
もごもご…あと少し…。

首回りカバーmake20.jpg
内側から「先端の丸い平たい物(ハサミや木製マドラーなど)」を使って丸みを出す。

首回りカバーmake21.jpg
全部ひっくり返ったらアイロンで形を整える。

首回りカバーmake23.jpg
返し口を閉じる。
コの字綴じ(ラダーステッチ)で糸を通し…

首回りカバーmake24.jpg
糸を引くときゅっと閉じる。

首回りカバーmake25.jpg
縫い目が細かい方が綺麗に閉じる。

首回りカバーmake26.jpg
コの字綴じが面倒なら、生地端から2〜3mmのラインをぐるりと1周縫うだけでもOK!
お好みでどうぞ♪

首回りカバーmake28.jpg
パーツBも、下から「芯地→表地→裏地」の順番になるように重ね、表地と裏地は中表に合わせる。

首回りカバーmake30.jpg
生地をまち針で留め、図を参照に返し口を5〜6cm残して生地端から7mm程度のラインをぐるりと1周縫う。

首回りカバーmake31.jpg
縫えたら図の様に切り込みを入れる。

首回りカバーmake32.jpg
返し口から指を入れ、ひっくり返し、アイロンで形を整える。

首回りカバーmake33.jpg
先端部分の余分な生地を切り落とす。

首回りカバーmake34.jpg
こちらも返し口をコの字綴じで閉じるか、生地端から2〜3mmのラインをぐるりと縫って返し口を閉じる。

首回りカバーmake36.jpg
パーツAの上にパーツBを合わせる。

首回りカバーmake37.jpg
接結用布を図の様にピタリと折り返す。

首回りカバーmake38.jpg
更に折り返す。

首回りカバーmake39.jpg
赤線のラインを四角く縫う。
太線の部分は特に往復してしっかり縫う。

首回りカバーmake40.jpg
縫えたところ。

首回りカバーmake41.jpg
裏側はこんな感じ。

首回りカバーmake42.jpg
反対側も同じように縫う。

首回りカバーmake43.jpg
本体の完成。

首回りカバーmake44.jpg
裏返すとこんな感じ。

首回りカバーmake59.jpg
プラスナップボタンを付ける。

プラスナップボタンはワンタッチタイプでもハンディプレスを使うタイプでも、どちらでもお好みで。


ちなみに私はこの商品を愛用しています。
手作り工房 MY mama」さんで買った物ですが、送料無料で更に最初からプラスナップボタンがおまけでついてくるのでとてもお得でした♪

そんなにハンドメイドはしない…という方は、ハンディプレス不要のワンタッチタイプも便利です。



首回りカバーmake45.jpg
目打ちで穴を開ける。

首回りカバーmake46.jpg
穴の上下からバネとゲンコをそれぞれ差し込み…


首回りカバーmake47.jpg
ハンディプレスでぎゅっ!

首回りカバーmake48.jpg
プラスナップボタンを付ける位置はこんな感じ。

※ご注意!※
ここに記載したボタン位置は、あくまでも目安の位置です。
抱っこ紐の種類や使用年数によって厚みが違うので、巻き幅は変化します。
必ず一度お手持ちの抱っこ紐に巻いてみてから、ボタン位置を決めて下さい。

首回りカバーmake50.jpg
エルゴ首回りカバーの完成です。

【首回りカバーの付け方】
首回りカバーmake53.jpg
エルゴに対して図の様に首回りカバーを置く。

首回りカバーmake54.jpg
パーツBを下側に降ろし、両側のボタンを留める。

首回りカバーmake55.jpg
蓋の部分は実際に赤ちゃんを抱っこすると本体に丸みが出るので、自然な形で外側に折れ曲がります。

首回りカバーmake57.jpg
フードを使用する際は、首回りカバーのパーツの間からフードを引き出して下さい。

首回りカバーmake58.jpg
こんな感じで、最初からフードを引き出したままでも大丈夫です。

首回りカバーとお揃いの生地でよだれパッドを作ると可愛いですよ(´∀`)♪

----------------------

型紙はこちらになります。
(文字リンクをクリック)

首回りカバー無料型紙1-3.jpg
首回りカバー無料型紙1-2-3.pdf

PDF形式です。
縮小・拡大無しでA4用紙3枚で印刷可能。
Adobe Acrobat Readerをお持ちで無い方は、先に無償ダウンロードしてからご利用下さい。
Adobe Acrobat Reader公式サイト

型紙は縫い代込みです。

【商用利用について】
型紙は個人レベルでの商用利用可です。
どうぞお気軽にご利用下さい♪
(minneやメルカリ、フリーマーケットなどはOKです。手芸店・企業などでの使用は想定しておりません)

もしブログやInstagramアカウントなどお持ちでしたらご紹介下さったりリンクを貼って頂けると嬉しいです(´∀`)
インスタグラムのアカウントはこちら↓
Instagramロゴ.jpg
@urokohandmade

当ブログの型紙を使った作品をアップされる場合、良ければ是非「#うろこのあれこれハンドメイド」とハッシュタグを付けて下さいませ。

型紙シリーズ名→「UROKO*handmade」
※型紙そのものの二次配布・転売・オークション出品はご遠慮下さい。
※手芸教室・サークルなどでご使用になりたい場合は、コメント欄までご連絡下さい。

【ダブルガーゼの生地について】
洗えば洗うほどふわふわで気持ちの良い手触りになるダブルガーゼ。
ちょっとばかし「ほつれやすく」「縫いにくく」「縮みやすい」ワガママ気質な生地ですが(苦笑)、その分赤ちゃんグッズには最適です。
柄もうっとりするような素敵な物が多いです。
ダブルガーゼ収集がやめられません…(´∀`)♪

首回りカバーなどの抱っこ紐用品の他にもスタイやマスクなど色々使えますし、扱いにくさはあまり気にせず是非ガシガシ縫ってみて下さい。

私は無地のダブルガーゼはこちらで買うことが多いです。

私の好きなパステル系の微妙な色合いが30色近く揃っていて、1m500円以下はかなりありがたいお値段。
水通し後の柔らかさもなかなかのものです♪

柄物のダブルガーゼはこの店が豊富。

Fabric House Iseki
ダブルガーゼカテゴリーだけで200以上のお品が揃っています。
ジャンルも赤ちゃん柄・ポップ柄・北欧柄・作家物と色々。
商品毎の期間限定セールもよくやっているので、一度覗いてみる価値ありの大手店舗さんです。
見てるだけでも楽しいです。

【おすすめダブルガーゼあれこれ】








【ダブルガーゼの水通しについて】
一応生地を裁断する前には水通しをオススメしています。
が、ダブルガーゼと一口に言っても生地メーカーによっては縮み具合も様々。
水通ししないとどうなるのか?は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ダブルガーゼの水通しをしないとどうなるのか実験してみた。


【ボタンについて】
プラスナップボタンでなくても、金属スナップボタンやマジックテープなどでお好みにアレンジして下さい。
とはいえ強度と手軽さの面で、私はプラスナップボタンいち押しです。

-----------------

【抱っこ紐使用例あれこれ】

この型紙で作った首回りカバーを、実際にモニターさんに使って頂きました。
エルゴのタイプによる使用感・サイズ感の参考にしてみて下さい。

モニター画像首回りカバーyurie829.jpg
【使用抱っこ紐:エルゴ360】
360タイプの特徴でもある前向き抱っこでのよだれ対策にもおすすめ。

モニター画像首回りカバーsyoko23-2.jpg
【使用抱っこ紐:エルゴオリジナル】
頭の後ろから首回りにかけて、ふんわりとサポート。

モニター画像首回りカバーmemexnana.jpg
【使用抱っこ紐:エルゴアダプト】
アダプトの特徴でもあるヘッドサポートがある状態でも使用可。

【エルゴアダプトでの使い方について】
アダプトでは普段ヘッドサポートをどのように使っているかによって、首回りカバーの装着方法が変化します。

首回りカバーアダプト使い方A.jpg
・Aタイプの使い方
フードと一緒に最初からヘッドサポートも取り出し口から出しておいて使う方法。
フードの使用に合わせて、首回りカバーの蓋をヘッドサポートと一緒に立ち上げる。
普段状況に応じてヘッドサポートを立てたり倒したりしている方向け。

首回りカバーアダプト使い方B.jpg
・Bタイプの使い方
ヘッドサポートを立てた状態で、その上から首回りカバーを装着する方法。
フードを使うときは首回りカバーの蓋だけを一緒に立ち上げる。
普段ヘッドサポートを立ち上げっぱなしの方向け。

アダプトタイプのモニターさんに、使い方を色々教えて頂きました。
どちらの使い方でも使用に問題は無いとのことでしたので、お好みに合わせて使ってみて見下さい(´∀`)♪

【エルゴ以外の抱っこ紐でも使える?】
首回りカバーアップリカ使用例.jpg
ご近所さんのアップリカ抱っこ紐ユーザーさんに、この首回りカバーをつけて頂きました。
サイズ的にはちょうどピッタリのようです!
(使用抱っこ紐:アップリカコランビギ)

首回りカバーベビーアンドミー使用例.jpg
InstagramフォロワーさんのBaby&Me抱っこ紐ユーザーさんに、この首回りカバーをつけて頂きました。
こちらにも型紙そのままで使用出来そうな感じ。
好みでスナップボタンの位置は少しきつめにしてもいいかも?との事です。
(使用抱っこ紐:ベビーアンドミーONE ORIGINAL)

もし「このタイプでも使えたよ〜」というのがありましたら、ぜひコメント欄までご一報下さい♪

※エルゴアダプトクールエアタイプについて※
きちんと実証済みでは無いのですが、同じエルゴアダプトでもクールエアについては「他の物に比べて肩紐の幅が広い(=肩紐と肩紐の間隔が狭い)」との事で、この型紙通りで作成すると蓋部分に少々シワが入るかもしれません。
その点をご了承頂き作成するか、もしくは蓋部分の型紙を少しご自身で寸法を狭めてからの作成をおすすめします。
なにぶん無料で公開している型紙ですので、全てのタイプに対応するのは難しい部分が多々有り…(;´д`)
その辺ご理解頂ければ幸いです。

【御礼】
今回の型紙公開にあたり、現役エルゴユーザーさん3名様にモニターさんとして無償でご参加頂きました。
写真の提供やサイズ感・使用についてのアドバイスなどたくさんのご協力を頂き、本当にありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

首回りカバーmake56.jpg

赤ちゃんとの快適な抱っこ紐ライフをサポートする首回りカバー。
夏場は汗対策に、冬場は寒さ対策に。
1枚持っておくと便利なアイテムですので、是非作ってみて下さいね(´∀`)♪

その他の抱っこ紐のカスタムグッズはこちらから。

バナー:抱っこ紐収納カバー.jpg

バナー:エルゴよだれパッド.jpg

バナー:エルゴフードカバー.jpg

バナー:抱っこ紐スタイ.jpg

その他当ブログの無料型紙一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 09:53| Comment(2) | エルゴ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

エルゴ首回りカバー、型紙公開までもう少し…。

首回りカバー3rd1.jpg

お久しぶりの更新です。
皆様、今年もどうぞよろしくお願い致しします。
今更感たっぷりですが、一応今年最初の更新と言うことで…^^;

エルゴの改良版首回りカバーの型紙を作ると言っておきながら、気がつけば2ヶ月以上も経ってしまいました。
夫が入院&手術をしたり、年末年始で何かとバタバタとしていて。

ずっとお待ち下さっていた皆様、本当に申し訳ありません・゚・(つД`)・゚・

趣味のハンドメイドはやはり気分が落ち着いているときじゃないと、私の場合はなかなか取りかかれない様です。


…とはいえ「やるやる詐欺」ではやはり型紙公開をお待ち下さっている皆様に申し訳ないので、ちょっとずつではありますが作業を進めていました。

で、ひとまず型紙は完成!

そして…


首回りカバー3rd2.jpg

以前言っていた「着画モニターモデル」さんの募集を、今回試させて頂こうかと思っております!

そんな訳でモニター用に3種類ほど作ってみました。

モニターさんの募集要項の詳細は、近日中に別記事にてお知らせさせて頂きますね。

もし「モニターやってもいいよ〜」という心優しい方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願い致します(´∀`)

型紙が出来たら、次は作り方画像の撮影&加工。
それが終わったらブログ記事として書く作業です。

頑張れば何とか…2月上旬には公開できたらいいなぁ…と(希望的観測)

型紙公開に向けて、どうぞ愛のモチベーションアップクリックをよろしくお願い致します!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 10:38| Comment(2) | エルゴ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

エルゴの首回りカバー、改良バージョン

首回りカバー2nd4.jpg

前々回の記事で紹介していたエルゴの首回りカバー。
あれからまた少し改良を加えて試作してみました。

今度のはこんな形になりました。

首回りカバー2nd1.jpg
平置き表側。

首回りカバー2nd2.jpg
こちらは裏側。

ご覧の通り、2つのパーツをつなぎ合わせて作るタイプになっています。

これを実際にエルゴに装着してみます。

まずフードを本体に通さずに、すっぽりかぶせるとこんな感じ。

首回りカバー2nd9.jpg
(試作なのでまだプラスナップボタンはつけていません)

お次はフードを本体に通すバージョン。

首回りカバー2nd3.jpg
パーツ1とパーツ2の間にエルゴのフードを通して、両側から留めます。

赤ちゃんが入るとこんな感じ。

首回りカバー2nd5.jpg
フードを出しっ放しにしても、首回りはきちんとガードされている状態。

首回りカバー2nd6.jpg
そしてフードをかぶせるとこんな感じになります。
先ほどフードに被さっていた「ふた」にあたる部分が上にめくれ上がって、赤ちゃんの首回りに当たっています。

首回りカバー5.jpg
↑前回の試作品ではフードの出し入れ口がそのまま剥き出しだった為、「首回りがカバーしきれない」「やっぱりカバーがヨダレなどで汚れてしまう」という問題点があり、その辺についてのアドバイスも頂きました。

一番シンプルな解決方法は、やはりパーツを2つに分けて、フードの出し入れ口にふたをしてしまう事。
今回の試作品はその辺りの問題点を改良し、この形に落ち着きました。

首回りカバー2nd8.jpg

現役抱っこ紐ユーザーママさん、いかがでしょうか?
作り方や形については裁縫初心者さんでも負担無く、あまり複雑なことをしなくても作れるように考えてみたつもりです。

より良い型紙作りの為、よければ是非ご意見など頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します(´∀`)

型紙完成へ向け、応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)




posted by うろこ at 22:27| Comment(8) | エルゴ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする