2017年02月07日

ふっくらリボンヘアクリップの作り方【ハギレ活用/園バザー手作り品対策】

リボンヘアクリップmake34.jpg

女の子が大好きなヘアアクセサリーといえばやっぱりリボン。

ベビー・キッズから大人まで幅広い年代で使えるのが魅力のアイテムです。

中でも自分好みの布を使って作る布リボンは、市販品には無い魅力がたっぷり。
小さなハギレを活用して簡単に作れるので、裁縫初心者さんにもおすすめのハンドメイドアイテムです。

リボンと言っても種類は色々ありますが、中に綿を入れたタイプの物はシルエットがふっくらとしていて愛らしく、優しげな雰囲気が赤ちゃんにもおすすめ。

そして手軽に作ることが出来るリボンアクセサリーは、幼稚園/保育園のバザーで提出しなければならない「手作り品」対策としても優秀なアイテムです。

今回はそんなふっくらリボンを使い、髪の短い女の子でも気軽に使えるヘアクリップタイプリボンの作り方を、手順画像付きでご紹介します。

それでは材料および作り方です。

【出来上がり寸法】
7.5cm×5cm

【材料】
・リボン本体用布…10cm×12cm
・リボン中央用布…3.5cm×8cm
・キルト綿…9cm×5cm程度(好みで倍量くらいまで増量可)
・ヘアクリップ…1個
・飾り用レース…10cm
・手芸用ボンド(もしくは仮止め用のりなど)

【必要な道具】
・ミシンとミシン糸(もしくは手縫い針と手縫い糸)
・裁ちばさみ(もしくはロータリーカッター)
・まち針
・アイロン
・糸切りばさみ
・定規
・目打ち

リボンヘアクリップmake4.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。



安心の広さと包容力抜群のタフガイ。




押さえた生地は決して逃がさない。



我が家の三種の神器。
作業効率が格段にアップします(´∀`)
リボンのような長方形パーツを量産するときには特にその実力を発揮!
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

リボンヘアクリップmake5.jpg
今回使用する材料たち。

リボンヘアクリップmake6.jpg
本体布を半分に折り、アイロンで折り目を付けてから開く。

リボンヘアクリップmake7.jpg
飾り用レースを仮止めのりで本体布の中央に貼る。

リボンヘアクリップmake8.jpg
レースの上下を縫う。

リボンヘアクリップmake9.jpg
中表にして半分に折りまち針で留め、返し口を3cm程度残して赤線の部分を縫う。

リボンヘアクリップmake10.jpg
先ほどの縫い目が中央に来るようにたたみ直す。(縫い代は片側に倒す)
左右を布端から7mmくらいのラインで縫う。

リボンヘアクリップmake11.jpg
返し口から表に返す。

リボンヘアクリップmake12.jpg
狭いので指先を上手く使ってゆっくりと…。

リボンヘアクリップmake13.jpg
角は目打ちなどを使って表側から出す。

リボンヘアクリップmake14.jpg
四隅が綺麗に出たらアイロンで形を整える。

リボンヘアクリップmake15.jpg
中に綿を入れる。
用意した綿を半分にちぎり、本体の左右に入れ込んでいく。
この時中央には綿は入れないように気をつける。

リボンヘアクリップmake16.jpg
綿が入ってふっくらしたところ。
綿の量を増やすと、もっとぷっくりとしたシルエットになります。
お好みでアレンジして下さい。

リボンヘアクリップmake17.jpg
本体布の中央を「M字」になるようにつまみ、中央を2〜3針縫い止める。
(隠れる部分なのでざっくりでOK)

リボンヘアクリップmake18.jpg
中央布を1.5cmの幅になるように、アイロンで三つ折りにする。

リボンヘアクリップmake19.jpg
片側を1cm折り、手芸用ボンド(もしくは仮止めのり)で貼る。

リボンヘアクリップmake20.jpg
反対側を2cm程度折る。

リボンヘアクリップmake21.jpg
ヘアクリップを図の様に挟み、赤い部分にボンドを付ける。

リボンヘアクリップmake22.jpg
布を折り返しヘアクリップと密着させ、乾くまでしばらく放置する。

リボンヘアクリップmake23.jpg
中央布に本体布を重ねる。

リボンヘアクリップmake24.jpg
中央布の上側を手前に折り返す。

リボンヘアクリップmake25.jpg
中央布の下側を折り上げ、ずれないようにピタリと密着させる。

リボンヘアクリップmake26.jpg
合わさった部分を「コの字綴じ」などで縫い止める。
(なるべく小さな縫い目で)

リボンヘアクリップmake27.jpg
端まで行ったら中央布の内側に針を通して縫い初め箇所まで戻る。
この時、途中本体布を一度針ですくっておく。

リボンヘアクリップmake28.jpg
クリップの下側の本体布を針ですくってから玉留めをする。
これで本体布と中央布がずれるのを防ぐ。

リボンヘアクリップmake29.jpg
ふっくらシルエットのリボンヘアクリップ、完成です。




さてさて、以下は「園バザー手作り品対策」です。

「バザーで手作り品を提出しないといけないけど何を作ればいいの?難しいのは無理!!」というママさんに、直線縫い+ボンドだけで作成出来る物はおすすめ。

そしてバザーなどに出す場合、あらかじめ綺麗にラッピングをしておくと見栄えがぐっと良くなり、売れ行きにも差が出てきます。

もちろんお友達へのプレゼントの場合にも、可愛いラッピングは是非おすすめです♪

例えばこんな感じでラッピング。
↓ ↓ ↓
リボンヘアクリップmake30.jpg
【材料】
・和紙風ハガキ
・レースペーパー
・透明袋(10cm×15cm)
・マスキングテープ
・クラフトパンチ

リボンヘアクリップmake31.jpg
・ハガキを9cm×10cmにカットする。
・レースペーパーを1/4にカットし、2枚をハガキの対角線に貼る。
・クラフトパンチで穴を開ける。
・図の位置にカッターで1.5cm×1cmの長方形の穴を開ける。

リボンヘアクリップmake32.jpg
・穴の部分にクリップの出っ張った部分を入れ込む。
・透明袋に入れ、裏をマスキングテープで留める。

リボンヘアクリップmake33.jpg
ラッピングの完成。

リボンヘアクリップmake35.jpg
リボンヘアクリップ9.jpg
色違いで沢山作るととっても華やか♪

同じパッケージで何種類か小綺麗に並べておくと、目にもとまりやすく手に取りやすいです。
最初から綺麗にパッキングしておくと、バザー担当者さんの負担も減りますよ(´∀`)

リボンヘアクリップ6.jpg
着用イメージ(6歳)
軽いボリューム感のリボンです。


【ヘアクリップについて】
リボンヘアクリップmake1.jpg
今回ヘアクリップは、ダイソーで売っている「メタルポイントピン5P」を使用しました。

リボンヘアクリップmake2.jpg
長さ4cm。
小さめですがバネの力はそこそこあるので、それなりにしっかり留まります。
もちろんどこのメーカーの物でも大丈夫です。


黒でもシルバーでも。
本体より小さいサイズなら長さもお好みで。


【手芸用ボンド・仮止め用のりについて】
リボンヘアクリップmake3.jpg
今回この2種類のボンドとのりを併用して作りました。
この2商品の差は何かというと…私はこんな感じで使い分けています。

仮止め用のりは「とりあえずこの位置に留まってくれればいいや」的な場合に使います。
用途的にはまち針と同じ。なので後から縫い止めることが前提。
貼り直しも比較的簡単で、乾くと見えなくなります。
そしてまち針が使いにくいところにこそその真価を発揮します。

・トーションレースのような穴だらけの資材
・サテンのような、針穴を開けたくない資材
・生地が何重にも重なっていて、まち針が通りにくい場所 …などなど


私が愛用しているのはこの↑「布用ペンタイプのり」です。
1つ持っていればかなり重宝します。


手芸用ボンドは「しっかりガッチリ留める用」の物で、最悪その後で針と糸で縫い止めなくても大丈夫!という場合に使います。

今回のように布と異素材をつなぎ止めるのに重宝。
個人的に使い勝手が良いのは、なるべく強力に貼り付いて乾きが早いタイプのこちら。
↓ ↓

この「裁縫上手」という商品。
かなり強力に留まります。チューブ先端も細めで使いやすいのも◎
そんなに大量には使わないので17gの少量でも充分です。
私はくるみボタンを作るときなんかにも使っています。
これも1つあるととても便利です♪

リボンヘアクリップ2.jpg


今回使った布など





このあたりのデコレクションズさんのハギレセットに入っていた物からチョイス。

リボンの布は、極端に分厚い生地以外なら何でも作れます。
コットンでもリネンでも。
シーチングでもスケアでもオックスでもローンでもダブルガーゼでも♪

布地はごく少量でOKなので、手持ちのハギレを活用するのにぴったりです(´∀`)



ハギレセットあれこれ♪

リボンヘアクリップ3.jpg

カラフルなハギレで可愛いリボンのオリジナルアクセサリー。

お友達同士や姉妹で、色違いやおそろいにしても素敵ですよ(´∀`)
ぜひ作ってみて下さいね。


作り方がお役に立ちましたら、是非ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)



posted by うろこ at 21:19| Comment(0) | リボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

6歳娘のリクエスト〜仲良しおそろいリボンヘアクリップ

カラフルなはぎれで乙女チックな雰囲気に。

リボンヘアクリップ1.jpg

ある日長女が言いました。

( *‘∀‘ )ノ「ねえねえ〜保育園のお友達みんなでおそろいのリボンがしたいな♪」

Σ(´A`)「お…おそろいとな!?」

( *‘∀‘ )ノ「絶対可愛いと思うの〜」

(´A`)「いやそれは可愛いだろうけどさ…つまりこの母にお友達全員分のリボンを作って差し上げろとおっしゃる?」

( *‘∀‘ )ノ「そう!デザイン同じで色違いで作って♪」

(; ゚Д゚)「またそんな無茶振りをーーー!」

…という事で…。

娘の園は小規模園。
一学年の人数も少ない上に、長女の学年は女の子が娘を入れて四人だけ。
つまり色違いおそろいリボンを4つ作れば良い話。

いやまあそれくらいなら作れない数じゃないよ?
洋服じゃないしリボンだし。

しかし…。
「ハンドメイド品を人様にプレゼントする」というのは非常〜〜〜〜〜に気を遣う行為。
世の中ハンドメイド品が苦手な人はいるし、手作りだけに気に入らなくても捨てられないとか断れないとかありがた迷惑!なんて話もよく聞く…。

正直ハンドメイド品を人様に差し上げてもいいケースなんて、相手様から「欲しい!作って♪」と言われたときだけだと思うんですよね…(゚д゚|||)
(あくまでもうろこの個人的感想です)

でもまあ幸いクラス女子のママさんたちとはそれなりにやり取りができる仲。
押しつけにならないよう気は遣いつつプレゼントさせて貰って良いかを打診して、無事OK頂きました。

リボンヘアクリップ2.jpg

そんなこんなで出来上がったのがこちらのリボン。

みんなにリクエストカラーも訊きました。
娘はグリーン。
Aちゃんはピンク。
Bちゃんはイエロー。
Cちゃんはブルー。

リボンヘアクリップ3.jpg

最初ヘアゴムリボンにしようかなと思ったんですが、お友達のうち2人は髪の毛が短め。
ヘアゴムよりヘアクリップの方が使いやすそう…ということでこのタイプで作りました。

リボンヘアクリップ4.jpg

タイプとしては、中に綿を入れたぷっくりリボン。

色違いが引き立つように「カラー無地×白の柄」の布地を手持ちの布からチョイス。
モロ私好みのタイプの生地です(´∀`)♪

アクセントには乙女チックなレースを縫い付けて。

リボンヘアクリップ5.jpg

裏はこんな感じ。
このクリップはダイソーで売っている「メタルポイントピン」です。
小さめだけど案外しっかり髪にとまります。

リボンヘアクリップ8.jpg

髪に付けるとこんな感じ。

リボンヘアクリップ7.jpg

そこそこ存在感はありますが、全体的に軽めの作りなので邪魔にはならないかと…。

リボンヘアクリップ10.jpg

で、出来上がったこのリボン達。
今回はプレゼント用と言うことで、ラッピングもきちんとしてみました。

和紙風厚紙、クラフトパンチ、レースペーパーなどを組み合わせ〜♪
バザーやフリマなんかにも使える感じです(´∀`)

さあてあとは登園やお迎えや園のイベントなんかで会えるときに渡すだけ!
気に入ってくれるといいなぁ。

今回使った布など





このあたりのデコレクションズさんのハギレセットに入っていた物からチョイス。

北欧風のとか小花柄とか…ここのセットは好みの物が多いです♪
そして布山がまた高くなっていく…(ノД`)

リボンヘアクリップ9.jpg

手持ちのハギレ活用にもピッタリな、布リボンで作るリボンヘアクリップ。

せっかくなので後日作り方などもご紹介したいと思います!

作り方公開へのやる気スイッチ♪
是非ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)




posted by うろこ at 15:46| Comment(0) | リボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

布リボンで作るフォーマル向けヘアゴムの作り方

フォーマルリボン16.jpg

長女が通う保育園、先日卒園式がありました。

うちの保育園の慣習で、3歳児・4歳児クラスの園児は在園児として出席しなければならないので、長女も一応フォーマルな格好をさせて出席させました。

服は白黒系のそれなりなワンピースとボレロで良かったのですが、困ったのはヘアゴム…。

式の前日になって急に「やっぱりリボンつけたい!(*´▽`)」と言い出した娘。

ところがどっこい、手持ちのヘアゴムリボンは全部色柄ものばかり!
唯一持っていたフォーマルっぽいのは、結婚式用に買った物でピンクの華やか系…。

これではちょっと…という訳で、急遽卒園式でも浮かないようなフォーマル向けのヘアゴムリボンを作ってみました。

それでは材料および作り方です。

フォーマルリボン2.jpg

【出来上がり寸法】
8cm×5cm

【材料】
・リボン本体用布…16cm×7cm
・リボン中央用布…6cm×3.5cm
・本体用サテンリボン(1.8cm幅)…16cm
・中央布用サテンリボン(1.8cm幅)…6cm
・モチーフレース…16cm
・キルト綿…16cm×5cmくらい
・ヘアゴム…20〜22cm程度

※<仮止め用>布用ペンタイプのり


今回はこの↑仮止め用ののりを多用しました。
サテンリボンのようにあまりまち針を打ちたくない物や、モチーフレースのようなまち針が止めにくい物、アイロンで折り目が付きにくい物を仮止めするのに本当に便利な1品です。

これがあると無いとでは作業効率が格段に違うと、個人的には感じています。
おすすめです。

フォーマルリボン3.jpg
リボン本体用の布の中央にサテンリボンを重ねて仮止めし、リボンの両端を縫う。

フォーマルリボン4.jpg
サテンリボンの上にモチーフレースを重ねて仮止めし、レースの中央を縫う。

フォーマルリボン5.jpg
本体布の両端を4cmずつ折る。

フォーマルリボン6.jpg
本体布の上下を、7〜8mmのラインで縫う。

フォーマルリボン7.jpg
ひっくり返す。(目打ちなどを使って角を直角に出すと仕上がりが綺麗)

フォーマルリボン8.jpg
キルト綿を半分にちぎり、本体の両端に寄せて綿を詰める。(中央部分に綿は入れない)

フォーマルリボン9.jpg
中央布用のサテンリボンを半分に折り、仮止めする。

フォーマルリボン10.jpg
中央用の布の両側を7〜8mmで折り、サテンリボンを重ねて仮止めしてから両端を縫う。

フォーマルリボン11.jpg
ヘアゴムを真結び(固結び)する。

フォーマルリボン12.jpg
しっかり結んだら余分なゴムを切り落とす。

フォーマルリボン13.jpg
本体布の裏側を上に向け指で凹を2つ作り、片方の凹にはヘアゴム、もう片方の凹には中央布の端をそれぞれ挟み込む。

フォーマルリボン14.jpg
中央布をぐるりと巻き付ける。

フォーマルリボン15.jpg
中央布が合わさった部分をコの字縫いなどでかがる。

フォーマルリボン1.jpg
フォーマルなヘアゴムリボンの完成です。

フォーマルリボン17.jpg
実際に付けたサイズ感はこんな感じ。

ふっくらしていて、結構なボリュームと存在感があります。


今回はフォーマル用ということで、本体布もリボンもレースも全て「白」で統一しました。

質感の違う3種類の素材が組み合わさることで、華やかさが出るデザインです。

私が本体に使った白布は「綿ローン」です。
織り目が細かく薄地なので、フォーマル向けな印象です。

綿ローンの白無地に限っては、いつもこのお店で買っています。
(楽天でもトップクラスにお値打ちなので…)

白の生地であれば別にローンじゃなくても何でも構わないのですが、フォーマル向けというのなら目の粗いダブルガーゼやリネン、生地が分厚いオックスなどは避けた方が無難かなと思います。

サテンリボンは好みの幅のものでOKです。
デザイン上、モチーフレースよりは幅の広いものをおすすめします。

ちなみにモチーフレースは100均のseriaで買った物です。
確か50〜60cmで108円。

seriaに行くとついつい手芸コーナーに行って、レースとかボタンみたいな副資材を買ってしまうんですよね…。
結構可愛いのが多いのでseriaのハンドメイド資材は侮れません。

ただ繊細な作りって訳では無いので、使う前にははみ出た糸をハサミで切ってから使う方が良いです。

ヘアゴムは今回自分で結ぶタイプの物を使いましたが、最初から丸くなっているゴムがあればその方が仕上がりは断然綺麗ですよ〜。
子供向けなのであまり太いゴムではなく、やや細めの物がおすすめです。


フォーマル系のリボンって、買うと意外と高くて1個600円とかするので、自作するのも悪くないと思います。

卒園卒業式にはもちろん入園入学式や、色目を少し変えて結婚式なんかにも流用できるかも。

ハレの日に手作りアクセサリーで臨むのも悪くないですね(´∀`)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
↑宜しければポチッとクリックをお願いします。


posted by うろこ at 06:03| Comment(0) | リボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする