2017年06月14日

額縁仕立てのランチョンマットの作り方【入園入学/バザー手作り品対策】

ランチョンマット額縁make22.jpg
入園入学グッズの定番品、ランチョンマット。

お気に入りの生地で作ったランチョンマットは、実用面だけでなく食事の時間を楽しい雰囲気にしてくれますよね。

ランチョンマットといっても色々なタイプがありますが、今回は1枚の布地で四方を額縁のように仕立てる「額縁仕立て」で作ったランチョンマットの作り方を、手順画像付きでご紹介します。

それでは材料および作り方です。

【出来上がり寸法】
45cm×35cm

【材料】
・お好みの生地 51cm×41cm…1枚

【必要な道具】
・ミシンとミシン糸(もしくは手縫い針と手縫い糸)
・裁ちばさみ(もしくはロータリーカッター)
・まち針
・アイロン
・糸切りばさみ
・定規
・目打ち
・先の尖ったピンセット(あれば)
・チャコペン

ランチョンマット額縁make1.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。



安心の広さと包容力抜群のタフガイ。




押さえた生地は決して逃がさない。



我が家の三種の神器。
作業効率が格段にアップします(´∀`)
生地を正確に四角く切りたい時には最適のアイテム。
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

ランチョンマット額縁make2.jpg
51cm×41cmが1枚。
直線はなるべく真っ直ぐに、角は直角に裁断すると、仕上がりがとても綺麗になります。

ランチョンマット額縁make3.jpg
アイロンで4辺にそれぞれ1cmの折り目をつける。

ランチョンマット額縁make4.jpg
角の部分は後で開くので、どちらか片側に倒しておけばよい。

ランチョンマット額縁make27.jpg
生地を表側に向ける。
画像のように@の辺とAの辺をぴったりと重ね合わせる。

ランチョンマット額縁make5.jpg
角が半分に(45度)になればOK。

ランチョンマット額縁make6.jpg
縫い代側の辺と定規が直角になるように合わせ、長さがちょうど2cmになる部分にチャコペンなどで印を入れる。

私の愛用品の水で消えるマーカー。
ペン先が細くて使いやすいです。
霧吹きでスパッと消えるのも良い感じ♪

ランチョンマット額縁make7.jpg
今度は「わ」側の辺と定規を直角に合わせ、先ほどの2cmの印を基点にして3cmの線になるよう印を入れる。

ランチョンマット額縁make8.jpg
2本の線がこんな感じになればOK。

ランチョンマット額縁make9.jpg
生地をまち針で留め、3cmのラインを縫う。
(始めと終わりは返し縫いする。以下の工程で縫う場合は全て同じとする)

ランチョンマット額縁make10.jpg
2cmの線の少し外側(1mm程度)を切り落とす。

ランチョンマット額縁make11.jpg
図を参照に、縫い代を三角に切り落とす。

ランチョンマット額縁make12.jpg
切り落としたところ。

ランチョンマット額縁make13.jpg
縫い代をアイロンで割る。

ランチョンマット額縁make14.jpg
角をひっくり返す。
先が尖ったピンセットがあれば、角をガッチリと挟み込んで…

ランチョンマット額縁make15.jpg
そのままくるりっと表側にひっくり返すと綺麗に角が出る。

先がちょっとカーブしたピンセット。
手芸やクラフト作業をするのに1つあると、案外便利なお品です♪

ランチョンマット額縁make16.jpg
ピンと角が綺麗に出たところ。
この時点で目打ちなどを使って補正してもよい。

ランチョンマット額縁make17.jpg
角を内側から見たところ。
縫い代がきちんと開いていることを確認する。

ランチョンマット額縁make18.jpg
4つの角を全て同じようにひっくり返す。

ランチョンマット額縁make26.jpg
アイロンで縫い代を落ち着かせる。
きちんと角が返っていれば、全ての縫い代が綺麗に2cm幅になっている。

ランチョンマット額縁make19.jpg
図の様に、縫い代の生地端から2〜3mmの位置に、ぐるりと一周ステッチをかける。

ランチョンマット額縁make20.jpg
額縁仕立てのランチョンマット、完成です。

ランチョンマット額縁make21.jpg
表側・裏側それぞれから見たところ。
角がピシリと揃うと気持ちいいですね。

ランチョンマット額縁make23.jpg
ちなみに45cm×35cmサイズに食器を載せるとこんな感じ。
まあまあゆったり目に給食が並べられるサイズ。
(※参考数値:小学校机の標準サイズ…新JISタイプ65cm×45cm / 旧JISタイプ60cm×40cm)

ランチョンマット額縁make24.jpg
1枚布で作る額縁仕立てのランチョンマットの特徴は、

1.4辺4角の縫い代がしっかりしているので、洗濯アイロンを繰り返しても型崩れしにくい。

2.四方三つ折り処理に比べると、角がスッキリと綺麗に収まる。

3.裏地が付いていないので乾くのが早い。

4.布地の可愛らしさ=ランチョンマットの可愛らしさ。

…といった所でしょうか。

もし「これだ!」というお気に入りの生地が見つかれば、かなり良い感じのランチョンマットが完成します(´∀`)

【ランチョンマットにおすすめの生地は?】
やはり上に食器なりお弁当箱なりを乗せることを考えると、それなりにハリのある生地の方が扱いやすいかな?というのが私の印象です。

今回作り方見本で使用したのは「オックス生地」です。
洗濯にも強くアイロンもかけやすい生地なので、ランチョンマット向きかなと思います。






私が大好きな「hanauta〜ハナウタ〜」シリーズのオックス。
色柄がポップで明るくて、子供グッズを作る際にはついつい手が出てしまいます(´∀`)♪
レッスンバッグや子供エプロンなんかにも向いている生地です。


あとはこんなキュートでレトロなマトリョーシカ柄や…


こんなメルヘンな雰囲気のユニコーン柄なんかで作っても素敵です。

その他ランチョンマット向きの生地は、
・シーチング
・ツイル
・綿麻
…あたりの生地でしょうか。
どれもそれなりにしっかりとハリのある生地です。
シーチングはこの中では1番薄めですが、ランチョンマットとして机に敷くくらいなら特に問題無いかなと思います。

ちなみに、私が大好きなダブルガーゼは洗濯するとふわふわとなってきてしまうので、この1枚仕立てタイプにはあまり向いていないかも。
ダブルガーゼで給食グッズを作るなら、やはり口拭き手拭き用のハンカチを作ってあげたいですね〜(´∀`)

あとリバティなどに代表される綿ローンは、1枚仕立てだとちょっと薄くて頼りないかもしれません。
(小さいお子さんが扱いにくい)
裏地を付けるタイプならとっても可愛く丈夫に仕上がると思いますので、用途に合わせてチョイスして下さいね。

【ランチョンマットのサイズと用意する生地の大きさの計算式について】
今回の作り方では「出来上がりサイズ45cm×35cm」に対し「51cm×41cm」の生地を用意しました。

ランチョンマットは園や学校の指定サイズがあるところも結構ありますよね。
自分の必要なサイズで作る場合の計算式は以下の通りです。

「希望出来上がりサイズ+縦横それぞれ6cm」


例)
・32cm×24cmのランチョンマットを作りたい場合、用意する生地は「38cm×30cm」
・60cm×40cmのランチョンマットを作りたい場合、用意する生地は「66cm×46cm」

要するに額縁仕立てにするための縫い代分が、1辺につき「3cm」必要な訳です。
生地を買うときの参考にして下さい。

ランチョンマット額縁make25.jpg

お気に入りの生地で作る1枚仕立てのランチョンマット。
我が子と一緒に生地を選ぶのも楽しいです。
洗い替えも含めて何枚か作って「今日はこの柄〜♪」とお子さんが選ぶ楽しみを作ってあげるのも良いですよね。


比較的短時間で作れますので、是非作ってみて下さいね。
バザーの手作り品対策にも!(´∀`)

その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 05:54| Comment(0) | ランチョンマット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

ダブルガーゼで水筒肩紐カバーを色々と。

水筒肩紐カバーgift3.jpg

まだギリギリ5月だというのに、真夏のような暑い日が続きますね;

我が家の長女が通う小学校でも「水筒持参OK」のお達しが出ているので、長女は毎日肩から水筒を提げて通学しています。

しかしまあ、たっぷりお茶を入れた水筒って結構重たいですよね。
大人の私でも「う…ちょっとこれは…;」と感じる肩への負担。

ちなみに今年1年生になった長女用に新調したのはこの水筒なんですが
↓ ↓


水筒自体は400gと軽量タイプなんですがね。
それに満タンのお茶を入れるとやっぱりど〜してもそれなりの重さになってしまいます…(ノД`)・゚・。

そんな訳で、我が家の水筒の必需品として装備してあるのが「水筒肩紐カバー」。

肩への負担を少しでも減らしたい!…って事で、ダブルガーゼ+キルト芯で作ったアイテムです。
ちょっとした事なんですが、これがあると多少なりとも肩への負担が軽減されるみたいで。
特にウチの子肌が弱いもんで…重さだけでなく肌への摩擦の負担も減らしてあげたい親心なのです。

水筒肩紐カバーgift1.jpg

…という話を先日職場の人に話していたところ、幼稚園に通うお嬢さんがやはり水筒の肩紐が痛い!という事を訴えているらしく。
良ければウチの子にも作って欲しいと言われたので、生地合わせを変えていくつか作ってみることにしました(´∀`)

水筒肩紐カバーgift2.jpg

肩紐カバーも色々なタイプがありますが、私が作るのはバイアステープもプラスナップボタンも使わない、ごくごく単純に肩紐を通すだけのタイプの物。
作りやすさと肌触り重視です。

作り方と無料型紙はこちらにアップしてあるので、興味を持たれた方はぜひ作ってみて下さい(´∀`)♪
↓ ↓
水筒肩紐カバー1.jpg
ダブルガーゼの水筒肩紐カバーの作り方【無料型紙あり】


私の場合他人様から「作って!」と依頼を受けることは希なので、ここぞとばかりにダブルガーゼの布山を切り崩して(笑)4タイプほど作り、好きなのを選んでもらいました。

お嬢さん、毎日「今日はこの柄♪」と選んで使ってくれているそうで。
いやあ嬉しいものです。

水筒肩紐カバーgift4.jpg
幼稚園や保育園、小学校や大人でもあると嬉しい水筒肩紐カバー。
時期的なものか、今月に入った辺りから水筒肩紐カバーの無料型紙ページへのアクセスが急上昇しています。

Instagramの方にも、当ブログの型紙で作って下さった方が写真を投稿して下さってるんですよね。
生地の合わせ方とか、見ていてとても楽しいです!
男の子用に全部黒一色で作っていらしたのなんか、すごくかっこよかったです(*´∀`)ノ
型紙を使って下さって嬉しいです。ありがとうございます♪

これからの季節に向けて、良ければ皆さんも作ってみて下さいませ〜。

さて、ちょっと自分用メモも兼ねてダブルガーゼのお買い得情報をいくつか。


まずはこのパステルカラーが愛らしいひつじ柄のダブルガーゼ。
前々からこの柄可愛いな〜欲しいな〜と思ってたんですが、何と今これ50cmあたり149円での特価販売!
他店だと10cmあたり110円くらいで普通に売ってるのに…これはかなりの破格値。
在庫はもうだいぶ少なくなってるみたいなので、とりあえず売り切れる前にポチッとこうかな…と…。


もう一つはこちら。
ダブルガーゼで有名な生地布専門店 HINODEYAさんのオリジナルダブルガーゼ…の訳あり品。
綺麗なアイスピンクなのに定番カラーとは違う…という理由で、50cm299円での訳あり価格。
定番品が50cm388円なので、HINODEYAさんの良質ダブルガーゼがこの価格で手に入るのはなかなか良い感じ!


最後は私のお気に入り店舗Fabric House Isekiさんの小鳥柄ダブルガーゼ!
パステルな地色に、丸柄から見える様々な小鳥たち。
鳥が結構リアルに描かれていて、でも可愛さもしっかりあって。
色使いも明るい色調でベビー&子供用品にはぴったり♪

…って何か最初に載せたひつじ柄と雰囲気似てますね…。
要は私、こういうテイストの生地にめっぽう弱いんです…わ…(;´Д⊂)
でもこれで1mあたり646円。
この生地でかぼちゃパンツのセットアップとか作ったらきっと可愛い。間違いなく可愛い。

生地山布山が一向に減らないのは紛れもなく自業自得なんですが。
可愛いダブルガーゼの情報収集が止められないうろこです…ヽ(*´∀`)エヘ

さてこれだけでは何なので…。
次回はこの辺りのアイテムの作り方なんかもちらりとアップしていきたいなと思います。
↓ ↓
ランチョンマット額縁1.jpg

当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 00:32| Comment(2) | 水筒グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ダブルガーゼの薄手ガーゼケットの作り方

ガーゼケットmake40.jpg

夏場のお昼寝どき。
冷房の効いた部屋で子供が眠ってしまったときって布団をかけると暑くなりそうだし、そのままだとお腹が冷えてしまわないかな?と少し心配になりますよね。

そんな時に重宝するのがガーゼ素材で作ったガーゼケット。
サラリとした優しい肌触りに適度な通気性。
暑い季節でも邪魔にならない程度にサッとかけてあげられるのが魅力。

またベビーカーや車に1枚常備しておけば、お出かけ先で赤ちゃんが眠ってしまったときも大活躍のお品です。

今回はそんな持ち運びしやすい薄手のガーゼケットの作り方を、手順画像付きでご紹介します。

それでは材料および作り方です。

【出来上がり寸法】
110cm×73cm

【材料】
・ダブルガーゼ…110cm×150cm(本体布用)1枚
・ダブルガーゼ…14cm×77cm(別布用)2枚

【必要な道具】
・ミシンとミシン糸(もしくは手縫い針と手縫い糸)
・裁ちばさみ(もしくはロータリーカッター)
・まち針
・アイロン
・糸切りばさみ
・定規
・目打ち

ガーゼケットmake1.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。



安心の広さと包容力抜群のタフガイ。




押さえた生地は決して逃がさない。



我が家の三種の神器。
作業効率が格段にアップします(´∀`)
ガーゼケットや布団カバーのような、大物をひたすら真っ直ぐ裁断する時にこそ真価を発揮!
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

ガーゼケットmake2.jpg
本体布は110cm×150cm。
別布は14cm×77cmが2枚必要。

ガーゼケットmake3.jpg
本体布を中表に折る。

ガーゼケットmake4.jpg
110cm×75cmの状態になったら、「わ」側と反対の辺(赤線の部分)を縫う。

ガーゼケットmake5.jpg
縫い代は生地端から1cm。

ガーゼケットmake6.jpg
アイロンで縫い代を割る。

ガーゼケットmake7.jpg
表側にひっくり返す。
アイロンで縫い代を落ち着かせたら赤線のラインをそれぞれ縫う。

ガーゼケットmake8.jpg
生地端から2〜3mm程度のラインにステッチ。

ガーゼケットmake9.jpg
縫い代側。

ガーゼケットmake10.jpg
「わ」側。

ガーゼケットmake11.jpg
別布を中表に折り、幅7cmにする。

ガーゼケットmake12.jpg
両側をそれぞれ1cm折り返す。

ガーゼケットmake13.jpg
一度折り目を開き、図を参照に「端を2cmはみ出させた状態」で、先ほど別布につけた1cmの折り目が本体布の生地端から6cmの位置になるように合わせてまち針で留める。

ガーゼケットmake14.jpg
生地端から1cmのラインを縫う。
この時はみ出させてあった2cmの部分は縫わず、本体布が重なる部分から縫い始める。

ガーゼケットmake15.jpg
縫い終わるとこんな感じ。

ガーゼケットmake16.jpg
裏から見たところ。

ガーゼケットmake17.jpg
先ほどの縫い目を基準にし、別布を折り返す。

ガーゼケットmake18.jpg
更に別布を折り目の通りに折り返す。

ガーゼケットmake19.jpg
図の様な状態になればOK。

ガーゼケットmake20.jpg
横から見るとこんな感じ。
変形の「W」のような形になっている。

ガーゼケットmake21.jpg
別布を、図の赤線の部分(本体布と重なるギリギリ外側)で縫う。
※この時本体布を一緒に縫ってしまわないように要注意!


ガーゼケットmake22.jpg
縫い代の部分の上下を斜めに切り落とす。
(縫い目まで切ってしまわないよう気をつける)

ガーゼケットmake23.jpg
反対側も同じように処理する。

ガーゼケットmake24.jpg
縫い代を奥側に折る。

ガーゼケットmake25.jpg
別布の間に指を入れ、くるりとひっくり返す。

ガーゼケットmake26.jpg
縫い代が中でぐちゃっとならないよう、折り返した縫い代部分は指でしっかり押さえながら返すと綺麗。

ガーゼケットmake27.jpg
大まかに指で形を整える。

ガーゼケットmake28.jpg
角の部分は目打ちなどを使って綺麗に出す。

ガーゼケットmake29.jpg
ひっくり返ったらアイロンで形を整える。

ガーゼケットmake30.jpg
別布と本体布をまち針で留める。

ガーゼケットmake31.jpg
図の様に、最初の縫い目が別布でギリギリ綺麗に隠れるように気をつけながら、生地端から2〜3mmのラインを縫う。
(仮止めのりなどで最初にくっつけておいても良い)

ガーゼケットmake32.jpg
縫い終えるとこんな感じ。

ガーゼケットmake33.jpg
裏から見たところ。
最初の縫い目をきっちり別布で隠してあれば、裏で縫い目が落ちてしまうことは無い。
もう1枚の別布も同じように縫い付ける。

ガーゼケットmake34.jpg
ダブルガーゼの薄手ガーゼケット、完成です。

ガーゼケットmake35.jpg
別布を横から見るとこんな感じ。
裏表が同じ幅で重なり、本体布もスッキリ綺麗にくるまれています。

ガーゼケットmake36.jpg
両端の別布が適度な重みとなって、体にかけたときにほどよく馴染みます。

ガーゼケットmake37.jpg
折りたたんだ時の厚みはこれくらい。
持ち運びに便利なボリュームです(´∀`)

さてガーゼケットというと6重ガーゼのものが人気がありますよね。
6重ガーゼは「もっちりフワフワボリューミー」な生地で、ガーゼケットにはぴったりだと私も思います。

ただ6重ガーゼはその特殊構造故に、色柄の種類はあまり豊富ではないんですよね。
それが個人的にはちと残念なところ…。

その点ダブルガーゼだと、好きな色柄を選び放題・組み合わせし放題なのが楽しい点なのです。

それと6重ガーゼのガーゼケットの場合、生地端の処理の主流は「四方をぐるりとパイピング」かなあと思うのですが、これがなかなか難しい…。

なので今回の作り方は、両端だけ別布でくるめば良いように考えました。
直線縫いだけですし、裁縫初心者さんでも比較的やりやすいかな?と思います♪

あとダブルガーゼとしては一般的な110cm幅の生地をそのまま流用できるのもおすすめです。
あ、もちろんガーゼケットは決まったサイズなどはありませんから、お好みに合わせてサイズアレンジして下さい!

ガーゼケットmake39.jpg
切り返しスタイを作る感覚で、ぜひ好きなダブルガーゼの色合わせ柄合わせで作ってみて下さいね(´∀`)

ちなみに私は無地のダブルガーゼはこちらで買うことが多いです。

私の好きなパステル系の微妙な色合いが30色近く揃っていて、1m500円以下はかなりありがたいお値段。
水通し後の柔らかさもなかなかのものです♪

柄物のダブルガーゼはこの店が豊富。

Fabric House Iseki
ダブルガーゼカテゴリーだけで200以上のお品が揃っています。
ジャンルも赤ちゃん柄・ポップ柄・北欧柄・作家物と色々。
商品毎の期間限定セールもよくやっているので、一度覗いてみる価値ありの大手店舗さんです。
見てるだけでも楽しいです。

今回使った布など↓

マルチカラードットの12mm。
私このシリーズのドット生地が大好きでしてね〜…当たり前のように全色生地山の中に入っております(*´∀`*)ウフフ

いやでも実際ドットって使いやすいですし、このパステル系マルチカラーの組み合わせが好みストライク!
大きめドットって可愛いですよ。本当。
今回は夏場にもぴったりかなぁと思って、このブルーグリーン系のダブルガーゼを使ってみました。
爽やかな雰囲気の仕上がりになったんじゃないかと個人的には満足です♪

あ、ちなみにこのシリーズの地色は「真っ白」ではなく「キナリ〜オフホワイト」です。
撮影の加減で真っ白に見えるかもしれませんが、実物は結構ナチュラルな雰囲気ですので、ご購入の際にはお気を付け下さいね〜。


別布に使ったのはこのシリーズの「アップルグリーン」です。
何の変哲も無いドットは組み合わせ生地としてはやっぱり定番。
ふわふわ〜というよりは「サラッと」した感じのダブルガーゼです。
好みは分かれるかもしれませんが、私は使いやすい/縫いやすいので好きです。
1mで486円というのも魅力♪

【ダブルガーゼの水通しについて】
一応生地を裁断する前には水通しをオススメしています。
が、ダブルガーゼと一口に言っても生地メーカーによっては縮み具合も様々。
水通ししないとどうなるのか?は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ダブルガーゼの水通しをしないとどうなるのか実験してみた。

【商用利用について】
当ブログの型紙や作り方は個人レベルでの商用利用可です。
どうぞお気軽にご利用下さい♪
もしブログやInstagramアカウントなどお持ちでしたらご紹介下さったりリンクを貼って頂けると嬉しいです(´∀`)
インスタグラムのアカウントはこちら↓
Instagramロゴ.jpg
@urokohandmade

当ブログの型紙や作り方で作った作品をアップされる場合、良ければ是非「#うろこのあれこれハンドメイド」とハッシュタグを付けて下さいませ。

【※この作り方で作る場合の生地選びの注意点について】
今回の作り方では、生地幅110cmのダブルガーゼを生地の耳までそのまま使って作っています。

その場合、今回のようなドット柄や「無地/チェック/総柄」などのように柄に方向が無い生地なら特に問題は無いのですが、柄に上下の向きがある生地を使った場合は「別布が左右にある状態が正位置」となります。

ガーゼケットmake42.jpg
この様な柄が一方方向に向かって続いている生地の場合は…、

ガーゼケットmake43.jpg
出来上がりの柄の向きがこんな感じになりますので、この点を注意して本体布をご準備下さい。

前回同じ作り方で作ったガーゼケットは、上記のような柄配置になっています。
よければ参考にしてみて下さい。↓
ガーゼケット気球1.jpg
気球柄ダブルガーゼで簡単ガーゼケット



ガーゼケットmake38.jpg
ガーゼケットは「絶対無いとダメ!」という物ではないですが、あれば案外重宝するグッズかなと思います。
当然子供だけでなく大人も使えますしね。

お好きな色柄の組み合わせで、ぜひ作ってみて下さい(´∀`)♪
(サンさん、さきさん、作り方リクエストありがとうございました)

その他当ブログの無料型紙/作り方一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 06:17| Comment(6) | ガーゼケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする