2018年03月03日

ダブルガーゼお買い得情報メモ

今日はおひな祭りですね〜。
我が家も女の子が2人いるので、今夜は一応家族でひな祭りパーティってことで…。
ちらし寿司の材料やらハマグリやらを買ってきました。

って、国産ハマグリめっちゃお値段高ーい!
ちょっと見栄えのするサイズだと1個400円近くしますやん…(; ゚Д゚)
なかなか痛い出費です。
でも年に1回だからと無理矢理自分を納得…。

さて、おひな祭りにあわせてアップした「袴スタイ」の型紙。
3月3日まであまり時間が無い中、それでも早速作って下さった方がいらっしゃって嬉しい限りです!(´∀`)
Instagramでも完成写真をpostして下さる方がちらほらいらっしゃるので、楽しく拝見させて頂いております♪

さてさて今日はひな祭りではありますが、楽天の方でも今夜からスーパーセールが始まるのです。
お値打ち商品やらが色々出ているので、家の布山はそっと視界から外して(苦笑)気になる生地をピックアップ♪

ほらあれですよ。
3月に入ってちょっと春らしくなってくると、明るい色目の生地がちょっと欲しくなりますよね!(言い訳)

という訳で自分用メモも兼ねてダブルガーゼのお買い得情報あれこれ。


まずは布と手芸つばめやさんから、水玉とチェックのリバーシブルダブルガーゼ!
私、ついつい生地を買うときは可愛い柄物に目が行ってしまうんですが、切り替えたり裏地に使ったりするのには水玉やチェックがやっぱり便利なんですよね。
この生地はその2つが裏表でどちらでも使えるようになっているのがとっても便利♪
カラーも明るめのパステル調で、春色♪って感じです(´∀`)

そして何より楽天スーパーセールの半額商品
10cmあたり50円と、かなりお値打ちな価格です。


お次は手芸と生地の店 いすずさんより、アニマル柄のダブルガーゼ♪
ナチュラルな感じの地色に、可愛らしいカラフルな動物の町並み。
ベビー向けグッズで、スタイやかぼちゃパンツに良さそうな感じ。
クマもウサギも入っているので、男の子女の子関係無く使えそうなのも良いですよね〜(´∀`)♪
気になるお値段が、50cmあたり248円!!
1m買っても500円でおつりが来るという破格値です。


続いて布1000ネットショップさんより、上品な風合いが魅力のサークルレース♪
ちょっとオシャレ感・おめかし感を出したいときに使いたいレース素材。
このサークルレースは丸がモチーフなので、シンプルながらとっても優しい雰囲気。
サークルレースという生地自体は綿ローンやリネンなんかでも出ていますが、ダブルガーゼ素材のサークルレースって珍しいんですよ。
ガーゼなので赤ちゃん向けアイテムに安心して使えます。おめかしスタイに上品に使うと良い感じ♪

ちなみにサークルレースはとっても手の込んでいる生地なので、そもそものお値段が高め。
しかもそれがダブルガーゼなので、普通なら10cmでも下手すると200円くらいするんですが、今回のセールでは50cmあたり746円に♪
せっかくなのでこの機会にちょっと買っておこうかと思ううろこです。
そして布山の一角となる…(ノ∀`);


生地の量と激安お値段に定評のある手芸ナカムラさんからは、シンプルな水色チェックのダブルガーゼ。
こちらお値段は734円。
でも1mのお値段じゃないんです。2mでこのお値段!
ガーゼケットとかおくるみとかダブルガーゼの布団カバーみたいな、ちょっと長目の尺を使うようなアイテム作りには嬉しいこの長さとお値段(´∀`)
色も水色なら、組み合わせる生地によって男女関係無く使えそうなのがいいですよね〜♪


春色カラーからもう一つ。
白いお花がボーダー柄になった、可愛らしい雰囲気のダブルガーゼ♪
地色×白花のシンプルな配色ながら、印象的でメリハリのある柄が華やかです(´∀`)
紺地のもちょっとオシャレ感があって良いですよね〜。
お値段50cmで264円と、こちらもとってもお値打ち価格!
個人的に色違いで全色揃えたい1枚です…(ノ∀`)


最後は細かなアニマル柄を1つ。
鮮やかなミントグリーン(水色?)に描かれた、可愛いハリネズミとキノコ柄。
結構柄の印象が強めですが、全体的に小さい柄なので無地と組み合わせれば良い感じに使えそうです。
こちらは半額商品で10cmあたり54円!

ちなみに色違いもあります。


どれも可愛いな〜どれを買おうか迷うなぁ…(´Д`)=3


…と言う訳で、懲りないダブルガーゼ大好きオーラ全開の生地紹介でした。
ここで紹介した生地を使ったアイテムがまたブログで紹介されていたら、「ああ、あの時うろこさんやっちゃたのね…」と生暖かい目で見守って下さいませ人(´Д`)人

さて、これだけでは何なので…先日作ったアイテムなど。

リボンヘアバンド1.jpg

ダブルガーゼで作ったヘアバンドです♪

サイズはベビー&キッズ向け。
赤い方が42cm、ピンクの方が44cmくらい。

42cmは赤ちゃんサイズですね。ちっちゃいです。

44cmの方は我が家の3歳児がつけてぴったりくらいでした。
リボンヘアバンド2.jpg
こんな感じ。
リボン大っきめですね。うふふ(´∀`)

リボンヘアバンド3.jpg
3枚のリボンを組み合わせて作ったので、割とボリュームあります。
ゴムは柔らかめのを使ったので、まずまずの着け心地のようです。

リボンヘアバンド4.jpg
えー…。

……我が家にはベビーがいませんので、白フクロウの彼女にモデルさんを……(つД`)・゚・

今回ちょっと和柄なガーゼで作ったので、この間の袴スタイ向けなイメージですね。

「ベビー向けヘアバンドの作り方」もちらほら何人かの方からリクエスト頂いていますので、また機会を見てご紹介したいと思います!

ブログ更新のやる気スイッチに、是非ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 19:03| Comment(0) | お買い物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

ボリュームたっぷりのオーバーチュールギャザースカート


ヒラヒラと軽やかなチュールをたっぷり使った贅沢な1枚。
オーバーチュールギャザースカート1.jpg

久々の娘服…長女のリクエスト服です。

少し前に長女と一緒に手芸店に行ったんですよ。
長女は付き添いできただけなので、私が自分の目的の物を探している間、1人で店内をウロウロ…。

…と思いきや、

( *‘∀‘ )ノ「お母さん、お母さん!ねえあれ見て!!」

(´A`)「ん?何だい何か気になる布でもあった?」

( *‘∀‘ )ノ「あれ!あのスカートめっっちゃ可愛い!!」

(´A`)「スカート?」

娘の指さす先には、水色のスカートに水色のチュールを重ねた、どこまでいっても水色一色なスカートが。

そう、あれです。
「生地を買ってくれた方に無料レシピプレゼント」という触れ込みで作品見本を飾ってある、手芸店ではよく見かける例のあれです。

( *‘∀‘ )ノ「お母さん〜あんなスカート欲しい!ねえ作って♪」

(´A`)「ん?うーーーんそうだねぇ…」

最近何だかんだで長女用の服を作ってないなという気持ちもあり。
水色好きの割には、こういうザ・水色一色のスカートはそう言えば持ってないな…というのもあり。
ギャザースカートならそんなに手間もかからず出来るし…と頭の中で試算しつつ、

(´A`)「よしわかった!作ったげようじゃないか!」

( *‘∀‘ )ノ「ホント!?やったーーーーーっ!!」

ちょっと大袈裟なぐらい喜ぶ長女。
まあでも我が子からリクエストが飛んでくるのこそ、ハンドメイダーの醍醐味ってもんだしねぇ。

(´A`)「じゃあ生地を買って帰ろうか。要は水色のスカートが欲しいのね?」

( *‘∀‘ )ノ「ううん違うよ!これと全く同じのが欲しいの!」

(; ゚Д゚)「えっ。あ、そうなの?こんな感じ、じゃなくて?全く一緒の?」

( *‘∀‘ )ノ「もちろん!」

(; ゚Д゚)「そ、そっか…(て事は、この取り扱いが気難しそう〜〜〜なチュールも買わないと駄目って事ね…)」

自慢じゃ無いですが、ワタクシあんまりチュール素材って扱った事が無くてですね…;
でも一度作ると口に出してしまったからには後には引けません。

チュール…ちゃんと縫えるんだろうかという不安もよぎりましたが、見本作品のレシピに書いてある通りの材料を一式揃えましたとも( ゚Д゚)ノ!

そんな訳で出来上がりましたのがこちら。

オーバーチュールギャザースカート2.jpg
【型紙】パンドラハウス配布レシピ
【生地】ブロード無地、チュール

構成としては、ブロードの無地の上からチュールを重ねて2枚一緒にギャザー寄せ。
それとは別にウエストベルトもブロードとチュールで作って重ね、スカートと縫い合わせ。

オーバーチュールギャザースカート3.jpg

ウエストベルトのチュールはブロードよりも長目になっているので、ウエストの下に一段チュールフリルが出来上がる…という感じ。

シンプルと言えばシンプル。

でも結構な量の生地を使っているせいか、出来上がりはかなりボリューミー!

心配していたチュールの取り扱いは…やっぱり普段あまり触り慣れてないせいもあって、裁断するのも縫うのも結構気を遣いました…(;´∀`)

これなら絶対ダブルガーゼの方が縫いやすいって!
…と、途中何回思ったことか…。

まあでも何やかんや言いながらも、なかなか華やかな見た目の1枚に仕上がりました!

ちなみに、見本だと装飾は全く無しだったんですよね。

オーバーチュールギャザースカート7.jpg
これ、この状態。

でもこれだけだと長女も私も「何か物足りない病」が発症してしまいましてね…。

結局はこんな感じでリボンを沢山作って、
オーバーチュールギャザースカート8.jpg
裾にぐるりと縫い付けることにしました。

オーバーチュールギャザースカート4.jpg

うふふ、ぐっと可愛くなったじゃないですか…(´∀`)
ええ、もうすっかり「シンプルイズベスト」な概念から程遠いところに生息しておりますうろこ母娘ですわ…。

ちなみにリボンなんかを洗濯するような物に縫い付けるときは、かならず「ほつれ止めピケ」で端の処理をしています。
オーバーチュールギャザースカート9.jpg
これがあると無いとではやっぱり耐久性がだいぶ違うんですよねー。


結構色々な場面で使えて便利です。
女子物制作にリボンは不可欠!(…とは限りませんが)
ほつれ止めは地味に必須なアイテムです(´∀`)

オーバーチュールギャザースカート5.jpg
で、作ったリボンはこんな感じで、ミシンで中央布の左右を2カ所縫い。
リボンはほどけるとかなり残念な見た目になるので、ここはガッチリ押さえたいところです。


オーバーチュールギャザースカート12.jpg
着画です。

貰ったレシピでは110サイズと書かれていましたが、130cm弱の娘が着ても違和感無い感じ。
むしろ結構なボリュームがあるので、これくらいで丁度良いかも?

オーバーチュールギャザースカート11.jpg
ウエストにも前印にリボンを1つ。
着てみるとチュールのミニフリルが結構可愛いです。
でもこのデザイン、絶対にトップスをインしないと意味ない…ですよね…。

オーバーチュールギャザースカート16.jpg
横から見てもたっぷりギャザー、たっぷりフリル!

( *‘∀‘ )ノ「うわあ〜〜〜〜〜めっちゃフリフリで可愛い!!」

娘、大喜び。
くるくる回って、スカートヒラヒラさせて楽しんでました。

オーバーチュールギャザースカート10.jpg
何となくですが、ブロードやシーチングだけのスカートと違って、こういうチュールを使うとグッと既製服っぽくなるような気がします。

腕次第によっては、デパートブランドっぽく見せることも十分可能かと…(それは流石に言いすぎか?)

オーバーチュールギャザースカート6.jpg
で、今回使ったこのチュールなんですが。

結論から言うと「かなり扱いやすい」チュールでした。
さっき上では「かなり気を遣った」と言ったんですが、それはあくまでも私が不慣れなだけという話で。

チュールの品質としては、
・かなり柔らかく手触りがいい→子供の肌にも安心。チクチクしない。
・ほとんどシワにならない→ギャザー寄せやゴム通しのためにさんざん引っ張ったりしましたが、シワになることも無く引きつることも無く。
しかも娘が一日小学校に着ていったにもかかわらず、帰宅後もふんわり綺麗なシルエットのままでした!




これ。この商品なんですが。
チュールとしての品質は、私かなり気に入りました(´∀`)♪

1mあたり840円で、値段もビックリするほどは高くないですし。

生地の質感としては結構「落ち感」があるのでハリを求める場合には不向きかもしれませんが、ベビーキッズ用のお肌に優しいチュールという点では、個人的にはオススメです!


そうそう、ちなみに残った生地でこんなのも作りました。

オーバーチュールギャザースカート15.jpg
布で作るリボンヘアバンドです。

これも残った生地をめざとく見つけた娘からのリクエスト。
でも小物はサクッと出来るのがいいですね。
30分もかからずに出来上がります。

オーバーチュールギャザースカート14.jpg
女の子が頭に大きなリボンをつけているのって、無条件で可愛いと思ううろこです(´∀`)ウフフ♪

オーバーチュールギャザースカート1.jpg
ギャザー寄せは結構手間がかかったのですが、それでも手間をかけるほど仕上がりが華やかになるのがハンドメイドですよね!

さていつの間にか3月に入ってしまいました。
次女の4月幼稚園入園にむけて、そろそろ本腰入れてレッスンバッグやらコップ袋やらの指定品を作らねば〜。

縫いモチベーションアップ&リクエスト消化の気力アップに、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 18:52| Comment(0) | 洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

袴スタイの作り方【無料型紙】

袴スタイmake65.jpg
初節句のおひな祭りにお正月。
百日祝いにお食い初め。

赤ちゃんと迎える色々な日本の伝統行事に、ちょっぴりいつもとは違うおめかしをさせてあげたい…。

そんな時におすすめなのが和装をモチーフにした「着物スタイ」です。

まるで着物を着ているような雰囲気を演出してくれる着物スタイは、記念日の写真撮影にも大活躍。

今回は着物スタイの中でも、華やかな袴をモチーフにした「袴スタイ」の作り方を、無料型紙付きでご紹介します。

それでは材料及び作り方です。

【出来上がり寸法】
縦44cm×横32cm(袴の紐は含まず)
首回り約27cm

【材料】
・着物表地用布…45cm×30cm 1枚
・着物裏地用布…30cm×30cm 1枚
・キルト芯…30cm×30cm 1枚
・半衿用布…15cm×15cm 1枚
・かさね衿用布…10cm×30cm 1枚
・半幅帯用布…7cm×28cm 1枚
・袴用布…50cm×80cm 1枚
・プラスナップボタン…2組

【必要な道具】
・ミシンとミシン糸(もしくは手縫い針と手縫い糸)
・裁ちばさみ(もしくはロータリーカッター)
・まち針
・アイロン
・糸切りばさみ
・定規
・目打ち
・ハンディプレス(ワンタッチタイプのスナップボタンなら不要)
・仮止め用のり(あると便利)

袴スタイmake1.jpg
型紙を印刷し、生地のカット線で切り抜く。

袴スタイmake2.jpg
生地を裁断する。

生地裁断の三種の神器


裁断がやみつきになる切れ心地。



安心の広さと包容力抜群のタフガイ。




押さえた生地は決して逃がさない。



我が家の三種の神器。
作業効率が格段にアップします(´∀`)
ダブルガーゼのようなほつれやすい生地を短時間で正確に切りたい時には最適のアイテム。
今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。

袴スタイmake3.jpg
生地を半分に折りたたみ、「わ」になった部分に型紙の◎をあわせて裁断する。

袴スタイmake4.jpg
キルト芯も同じようにカットする。

各パーツをそれぞれ裁断していく。

袴スタイmake5.jpg
着物の衿用パーツ。
6cm×30cmが1枚、6cm×20cmが1枚。

袴スタイmake6.jpg
半衿用パーツ。
5cm×5cmが1枚。8cm×5cmが2枚。

袴スタイmake7.jpg
重ね衿用パーツ。
5cm×30cmが1枚、5cm×20cmが1枚。

半幅帯用パーツ。
7cm×28cmが1枚。

袴スタイmake8.jpg
袴(本体用)パーツ。
45cm×42cmが1枚。

袴(紐用)パーツ。
8cm×80cmが1枚。

袴スタイmake9.jpg
袴(リボン用)パーツ。
25cm×15cmが1枚。8cm×5cmが1枚。

袴スタイmake10.jpg
半衿部分を作る。
5cm×5cmの布を半分に折り、三角形を作る。

袴スタイmake11.jpg
8cm×5cmの布も半分に折り、長方形の衿を作る。

袴スタイmake12.jpg
半分に折った衿を一度開き、図の位置を参照に中央の折り目と三角が重なるようにする。
まち針で留め、赤線部分を縫う。

袴スタイmake13.jpg
縫えたら折り返して、その上から2本目の衿を左右対称になるように重ねる。

袴スタイmake14.jpg
こちらも一度開き、赤線部分を縫う。

袴スタイmake15.jpg
2本目の衿を折り返し、出来上がった半衿パーツを着物用表地の中央に重ねる。
(重なり具合は図を参照)

袴スタイmake16.jpg
着物衿パーツは上下それぞれ1cmずつアイロンで折り目をつけておく。
重ね衿用パーツは半分に折っておく。

袴スタイmake17.jpg
半衿パーツの上に重ね衿を重ねる。
図を参照にし、重ね衿の延長線が着物の下線の7cmになるように置く。

袴スタイmake18.jpg
重ね衿が見えるように、着物衿パーツを重ねる。
重ね衿は3mm〜5mmくらい見えるのが綺麗。
お好みでどうぞ。

袴スタイmake19.jpg
着物衿パーツを開き、赤線部分を縫う。

袴スタイmake20.jpg
縫えたら着物衿を折り返し、赤線部分を縫う。

袴スタイmake21.jpg
逆側も図を参照に、重ね衿と着物衿を同じように重ねる。
数値よりはなるべく左右対称に綺麗に見えるかを優先して下さい。

袴スタイmake22.jpg
着物衿を開いて赤線部分を縫う。

袴スタイmake23.jpg
縫えたら着物衿を折り返し、赤線部分を縫う。
着物本体からはみ出た部分を切り落とす。

袴スタイmake24.jpg
表地とキルト芯を合わせる。

ちなみに今回使用したのは「片面接着キルト芯」です。

ベビースタイ5.jpg
片面だけアイロンで溶ける「のり」が付いています。
(よく見るとキラキラした粒がくっついています)

表地の裏面と接着キルト芯の「のり」がついた面をあわせ、ガーゼ生地の上からアイロンを当てる。

この時生地を上から押さえつけない様に気をつける。
(表面を撫でるように、アイロンを少し浮かし気味に滑らしていく)

下から「芯地→表地→裏地」の順番になるように重ね、表地と裏地は中表に合わせる。

袴スタイmake25.jpg
まち針で留め、生地端から7mm程度のライン(赤線)を縫う。

袴スタイmake26.jpg
画像を参照に、カーブのきつい部分に切り込みを入れる。
首周りの先端はV字にカットする。
首回りの内側にはみ出た部分は切り落とす。

袴スタイmake27.jpg
全体をひっくり返す。
もごもご…。

袴スタイmake28.jpg
先端は内側から「先端の丸い平たい物(ハサミや木製マドラーなど)」を使って丸みを出す。

袴スタイmake29.jpg
アイロンで形を整える。

袴スタイmake30.jpg
半幅帯パーツは上下それぞれ1cmのラインと、中央部分にアイロンで折り目をつける。
画像を参照に半幅帯を重ね、赤線部分を縫う。

袴スタイmake31.jpg
縫えたら下側へ折り返す。

袴スタイmake32.jpg
画像を参照に下半分を折り上げる。
(この時中央の折り目とは逆折りになっている)
スタイ本体を縫わないように、赤線部分を縫う。

袴スタイmake33.jpg
縫えたら縫い代が1cm程度になるように切る。
上部分は三角にカットする。

逆側も同じように縫う。

袴スタイmake34.jpg
縫い代を裏側へ折り返しつつ、半幅帯全体をくるりとひっくり返す。

袴スタイmake35.jpg
スタイを裏側にひっくり返し、半幅帯を生地端から2〜3mmのラインで縫う。

袴スタイmake36.jpg
着物本体の完成。

袴スタイmake37.jpg
袴本体を作る。
本体用の布を中表にして半分に折り、画像を参照に左右を青線のラインで切り落とす。
続いて生地端から1cmのライン(赤線部分)を縫う。

袴スタイmake38.jpg
角の部分は切り落とす。
縫い目を切ってしまわないように要注意。

袴スタイmake39.jpg
表側にひっくり返し、半分に折る。

袴スタイmake40.jpg
折り目になった部分の生地端から2〜3mmのラインを縫う。

袴スタイmake41.jpg
開くとこんな感じ。
袴のひだの1本目完成。

袴スタイmake42.jpg
先ほどの中央の縫い目から4cmの部分で折り、生地端から2〜3mmのラインを縫う。
中央の縫い目から見て逆側も4cmで折って縫う。

袴スタイmake43.jpg
袴のひだの2本目と3本目完成。

袴スタイmake44.jpg
先ほどの縫い目から、上は4cm下は7cmの部分で折る(折り目は斜めになる)。
反対側も同じように折り、それぞれ縫う。

袴スタイmake45.jpg
袴のひだの4本目と5本目完成。
この縫い目と平行になるように、画像を参照に左右を折って縫う。

袴スタイmake46.jpg
袴のひだ部分の完成。

袴スタイmake47.jpg
袴の紐を作る。
上下それぞれ1cmのラインと、中央部分にアイロンで折り目をつける。
このまま中表になるように半分に折り、生地端から1cmのラインを縫う。

袴スタイmake48.jpg
角を三角にカットし、くるりと表側にひっくり返す。
反対側も同じように縫っておく。

袴スタイmake49.jpg
紐の中央と袴の中央が重なるようにし、紐の中に袴を挟み込む。

袴スタイmake50.jpg
袴の紐の生地端から2〜3mmの部分を、紐の端から端まで縫う。

袴スタイmake51.jpg
袴本体の完成。

袴スタイmake52.jpg
着物の上に袴を重ねる。
半幅帯は7mm〜1cm程度見えると綺麗。お好みでどうぞ。
重ねたら画像のラインを参照に縫う。

袴スタイmake53.jpg
リボンを作る。
リボン本体布を半分に折り、生地端から1cmのラインを縫う。

袴スタイmake54.jpg
縫い代を開き、表にひっくり返す。

袴スタイmake55.jpg
半分に折って生地端から1cmのラインを縫い、縫い代を開く。

袴スタイmake56.jpg
リボン中央布は幅が2.5cmになるように左右をアイロンで折っておく。

袴スタイmake57.jpg
リボン本体を表側にひっくり返し、中央にくぼみが出来るように形を作る。

袴スタイmake58.jpg
中央布をリボン裏のひだに差し込んでからくるりと巻き付け、端は再度ひだに差し入れる。
コの字綴じ(ラダーステッチ)などで縫い止める。

袴スタイmake59.jpg
好みの位置にリボンを置き、裏側から手縫いで縫い留める。

袴スタイmake60.jpg
四角く縫ったところ。
本返し縫いなどが丈夫でおすすめ。

袴スタイmake61.jpg
プラスナップボタンを付ける。

プラスナップボタンはワンタッチタイプでもハンディプレスを使うタイプでも、どちらでもお好みで。


ちなみに私はこの商品を愛用しています。
手作り工房 MY mama」さんで買った物ですが、送料無料で更に最初からプラスナップボタンがおまけでついてくるのでとてもお得でした♪

そんなにハンドメイドはしない…という方は、ハンディプレス不要のワンタッチタイプも便利です。



袴スタイmake62.jpg
目打ちで穴を開ける。

袴スタイmake63.jpg
穴の上下からバネとゲンコをそれぞれ差し込み…ハンディプレスでぎゅっ!

袴スタイmake64.jpg
紐の先端部分も同じようにボタンをつける。
位置は赤ちゃんのサイズに合わせてあげて下さい。

袴スタイmake66.jpg
袴スタイ、完成です。

袴スタイmake67.jpg
重なった襟元が、着物っぽさを演出します。

袴スタイmake69.jpg
ふわっとしたリボンも華やかで愛らしい雰囲気です。

型紙はこちらになります。

袴スタイ無料型紙.jpg
袴スタイ無料型紙.pdf

PDF形式です。
縮小・拡大無しでA4用紙1枚で印刷可能。
Adobe Acrobat Readerをお持ちで無い方は、先に無償ダウンロードしてからご利用下さい。
Adobe Acrobat Reader公式サイト

型紙は縫い代込みです。
着物本体以外は全て直線なので型紙はありません。

【商用利用について】
型紙は個人レベルでの商用利用可です。
どうぞお気軽にご利用下さい♪
(minneやメルカリ、フリーマーケットなどはOKです。手芸店・企業などでの使用は想定しておりません)

もしブログやInstagramアカウントなどお持ちでしたらご紹介下さったりリンクを貼って頂けると嬉しいです(´∀`)
インスタグラムのアカウントはこちら↓
Instagramロゴ.jpg
@urokohandmade

当ブログの型紙を使った作品をアップされる場合、良ければ是非「#うろこのあれこれハンドメイド」とハッシュタグを付けて下さいませ。

型紙シリーズ名→「UROKO*handmade」
※型紙そのものの、サイト、店舗、教室での二次配布・転売・オークション出品はご遠慮下さい。
※手芸教室・サークルなどでご使用になりたい場合は、コメント欄までご連絡下さい。

【使用生地について】
スタイと言えばダブルガーゼ!…なワタクシうろこですので、今回のスタイも重ね衿と半幅帯以外はダブルガーゼで作っております。

…が、着物スタイ・袴スタイのようなイベント色の強いコスプレスタイに関しては、柄の可愛らしさ優先で作ってしまっても良いと思います!
ぶっちゃけ芯地もなくてもいいかも…。
襟元は何枚も生地を重ねているので、結構そこだけボリュームが出てしまうんですよね…(´д⊂)
キルト芯を入れるとふわっと優しい雰囲気になるので私は好きですけど、是非お好みで調整して下さい。

和柄のスタイ、おすすめ生地あれこれです。

<ダブルガーゼ>

いかにも着物!な雰囲気の、濃い地の和柄ガーゼ。キラキラ華やか♪


優しくはんなりした雰囲気が可愛い桜ガーゼ。


和モダンな雰囲気のチョウチョ柄ガーゼ。


小紋みたいな雰囲気でフラワーサークルも素敵♪


<その他ガーゼ以外のコットン生地>

華やか桜紋3色。


レトロな雰囲気のネコと椿。


まあるい梅柄が可愛い「梅むすび」。


丸の中に描かれた細かい柄が愛らしい。


やっぱり定番人気の桜柄!

和柄の布、どれも可愛らしいですよね(´∀`)♪
布が変われば同じデザインでも雰囲気はガラリと変わります!
袴スタイmake68.jpg
ぜひお好みの1枚で作ってみて下さいね。

【ボタンについて】
プラスナップボタンでなくても、金属スナップボタンやマジックテープなどでお好みにアレンジして下さい。
とはいえ強度と手軽さの面で、私はプラスナップボタンいち押しです。

袴スタイmake70.jpg
普通のスタイに比べるとパーツも多く、生地も沢山使い、手間も暇もたっぷりかかってしまうこの袴スタイ。
それでも我が子の為に生地を選んで少しずつ縫い上げていく楽しさはひとしおです。

手縫いでも気合いと時間をかければ作れるスタイです。
一針一針…ゆっくり進めてみて下さいませ。

大切な日を彩るアイテムの1つに、この手作り和風スタイ。
良ければぜひ挑戦してみて下さいね(´∀`)♪

その他当ブログの無料型紙一覧はこちらからどうぞ。

無料型紙一覧.jpg

作ってみた感想などコメント頂けると嬉しいです。
作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Instagramロゴ.jpg
Instagramやってます!

お気軽にフォローして下さいませ(´∀`)


posted by うろこ at 23:50| Comment(10) | スタイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする